専業主婦でも借りれるのは銀行カードローンだけ!

女の人

お金を借りるには自分に収入があることが基本ですが、銀行運営のカードローンであれば世帯収入が旦那の給与のみの専業主婦でも借りられます

 

カードローンは担保・保証人なし、来店不要で借りられるのは当たり前!
さらに銀行カードローンなら低金利なので生活費で無理なく返済できる家族にも内緒で借りられるというメリットがあります。

 

専業主婦は銀行側できちんと返済できるように、最大限度額が30万円〜50万円までという利用限度額の規制があるので、借りすぎや返済できなくなったらどうしようという心配もありません。

 

5千円や1万円など小額からでも借りられるので、使い勝手も申し分なし!

 

このサイトでは、初めてお金を借りる際に知っておきたいことや、注意点などを説明する専業主婦専用サイトです。
安心して申込める銀行カードローンも紹介しています!

専業主婦でも借りれるカードローン会社一覧

1位

新生銀行カードローン レイク
新生銀行カードローンレイク 初めての利用の場合、30日間全額無利息と5万円まで180日間無利息の2種類から選べるのは新生銀行レイクならでは。

借入額や返済予定にあった無利息サービスが受けられます。
自動契約機もあるので、ローンカードも即日発行が可能
口座がなくても即日融資が可能!(※)
主婦の方でもパート・アルバイトなどの安定した収入のある方はお申込みいただけます。
安定した収入がある方でないとお申込みできない場合があります。

 

詳細はこちら

実質年率 ご融資額 区分
4.5%〜18.0% 1万円〜500万円 銀行

※平日14時までに、申込と必要書類の確認の完了が必要です。

2位

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行は店舗を持たないインターネット銀行です。

じぶん銀行に口座を持っていない方でも他行の普通預金口座があれば振り込んでもらえます。
auユーザーには金利の優遇もアリ!
口座をお持ちの方なら免許証や健康保険証など本人確認書類が不要です。

 

詳細はこちら

実質年率 ご融資額 区分
通常:
2.2%〜17.5%
auユーザー限定au割:
2.1%〜17.4%
・auユーザー以外
・カードローンau限定割 誰でもコース:10万円以上800万円以内

・カードローンau限定割 借り換えコース:100万円以上800万円以内

銀行

専業主婦が銀行カードローンでしか借りれない理由

お金を融資してくれるローン会社は、銀行カードローンの他にも消費者金融やクレジットカード(信販会社)のキャッシング枠もあります。
しかし専業主婦が借りられるローン会社は銀行が運営するカードローンだけ

 

その理由は『総量規制』という個人の借入を規制する法律に基づくものです。

 

お金を扱う金融機関はそれぞれに守るべき法律があり、下記の様に決まっています。

  • 銀行:銀行法
  • 消費者金融・クレジットカード会社:貸金業法

銀行法と貸金業法は別物であり、貸金業法の中で定められている総量規制により、貸付できる人が規制されています。

 

専業主婦のカードローン利用と総量規制との関係

総量規制は貸し過ぎや借りすぎを防ぐ為の法律
日本貸金業協会の総量規制についての説明サイトでは下記文言があります。


総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

引用:総量規制とは | 貸金業法について
(除外・例外とは、住宅ローンやマイカーローン、緊急(入院費のなど)の借入などが該当します)

 

その他にも過剰融資を防ぐ為に定められた項目がありますが、専業主婦に関係があるのはこの貸付金額の規制。
専業主婦には収入自体がないので、収入の3分の1までという考えが適用されません

 

そのため、専業主婦は総量規制がある貸金業法を遵守しなければいけない消費者金融やクレジットカード会社(貸金業者)からお金を借りることができません
一方、銀行は貸金業とは無関係の銀行法を遵守している為、総量規制は関係なく、専業主婦でも借りれるのです。

 

ローン会社は『総量規制対象』『総量規制対象外』という表現がされ、銀行カードローンは『総量規制対象外カードローン』ということになります。

 

銀行系カードローンは銀行カードローンではない

『銀行系カードローン』や『銀行系消費者金融』は銀行の傘下(グループ)に似入っている大手消費者金融のことを指します。
プロミスは三井住友銀行、アコムは三菱東京UFJ銀行のグループ会社です。

 

銀行系とうたわれていても消費者金融(銀行系消費者金融)は貸金業者にあたるため、専業主婦に申込み資格はありません。

 

専業主婦でも消費者金融で借りられる配偶者貸付制度

総量規制の例外として、『配偶者貸付制度』があります。
夫婦どちらかにしか収入がなくても、夫婦合算収入とみなし、夫婦で年収の3分の1まで貸付可能という制度です。

 

旦那の年収が300万円、妻の年収が0円の場合、旦那に借り入れがなければ妻が年収の3分の1の100万円まで借りれるシステムです。
しかし配偶者の合意書や婚姻関係を説明する住民票など公的機関の書類の提出が必要であることが条件。

 

加えて大手消費者金融では必要書類の確認などに手間と時間がかかってしまうことを嫌い、配偶者貸付での申込みを断る姿勢を取っています。

 

中小消費者金融会社では受付けていますが、配偶者側に秘密にはできないこと、消費者金融は最高金利が高いこともあり、銀行カードローンに申し込めるのにあえて配偶者貸付制度を利用するメリットはないといえます。

専業主婦も安心!銀行カードローンが家族に内緒で借りれる理由

専業主婦がカードローンに申込み後、旦那の会社に連絡が入ったり、旦那の同意書や収入証明の提出を求められることもありません

 

専業主婦でも内緒で借りられる理由は2つあります。

カードローンの契約者が専業主婦本人だから

カードローンは保証人が不要。
あくまで大切なのが申込者が本人かどうかであり、申込者の本人確認は行われますが配偶者の同意しているかの確認までは求めません

 

申込みから契約、借入、完済まで家族や周りの人にも内緒にできます。

 

銀行側も配慮する

住宅ローンなど融資してもらうのが一般的な借入以外は、お金を借りることを知られたくないもの。
銀行だけではなく消費者金融などのローン会社側でも、借入を秘密にしておきたいという契約者側の気持ちを理解してサービスにも活かされています。

 

在籍確認の電話連絡は個人のスマホや都合の良い曜日や時間を指定できたり、銀行名やカードローンを名乗らずに担当者の苗字(個人名)を名乗ります。
もし自宅の固定電話に申込者以外が出た際には、かけ直してくれます。

 

郵送物にはカードローン名は記載せず、銀行名を記載しています。

 

この様に、金融機関側で個人情報を守る配慮がなされているので、例え主人であっても契約者以外の第三者に融資情報を漏らすことはありません

 

しかし絶対にバレないか?というと絶対ではありません。
返済遅延・滞納などの際に契約者と連絡が取れなければ、督促のハガキが自宅に届くこともあります。

 

完済まで毎月遅れないように返済すること・返済が遅れそうな場合や何かあった際には必ずローン会社に連絡する
当たり前のことですが、これを守っていれば大丈夫です。

気になる専業主婦のカードローン審査

審査内容と基準は非公開ですが、ローン会社の退職者へのインタビューや、利用者からの聞き取りなどで、ある程度重要ポイントや基準がわかっています。
配偶者の収入や生活環境などの違いがあるので、「こうすれば審査に必ず通ります!」というのは言い切れませんが、「こうした方がいい、ここに気をつけて!」というと注意ポイントはわかってきています。

 

カードローンの審査が不安な専業主婦のために、審査に関する情報を解説します。

 

銀行がカードローンの審査担当者が確認すること

カードローン申込者が信用に値する人物であるか

個人情報は、個人信用情報に登録されています。

 

個人信用情報は信用情報機関に保管されており、融資の申込みがあった場合、金融業者は個人信用情報を照会します
信用情報には生年月日・氏名・運転免許証番号から融資に関する情報も登録されています。

 

申込み時の審査落ちを防ぐ為に、申込み時に他社借入額や借入件数を少なく入力したり、他人のフリをして申込んだとしても、個人の信用情報を食い違いがあれば嘘であることがわかります

 

カードローンは無担保・無保証人の信用貸しが原則。
申込みないように偽りがあると、信用を失い信頼できない人物と判断されます。

 

返済能力

カードローン審査では、完済できるかの返済能力が重要視されます
初めてお金を借りる専業主婦でも、信用情報で過去に携帯電話の通話料の滞納がないかもチェックされます。

 

申込み者の属性

申込者がどんな人物かを知る為に、複数の項目に点数をつけて点数が大きい人ほど返済能力が高いと判断します。

  • 会社員>アルバイト・パート
  • 大企業勤務>中小企業
  • 持ち家>賃貸
  • 固定電話>携帯電話
  • 一軒屋(戸建て)>マンション
  • 社会保険>国民年金

この様な感じで、金融会社各社に確認項目と点数が設定されています。
このことをスコアリングと呼びます。

 

このスコアリングは総合判断となるため、どれか1つでも低評価があったらNGということはありません。

 

借入希望金額

いくら借りたいかの希望額も確認します
使用用途は問われませんが、高額を希望すればするほど、ローン会社側の審査も厳しくなります。

 

審査が甘いカードローンはあるの?

金融会社では融資が回収不能になる融資の焦げ付きを最も嫌います。
そのため、返済能力を確認し、完済できると思われる金額を貸付限度額に設定します。
結論として、審査が甘いカードローンはないと考えて下さい

 

審査基準は各銀行が独自に設定しており、その内容は非公開の為わかりません。
審査落ちした場合も、なぜ落ちたのか教えてもらえません。

 

銀行同士で審査基準に若干の誤差はあれど、大きな違いはないと考えられます。
例えば希望限度額を低くするなど、審査に通過しやすくするにはどうしたら良いのかを考えましょう

 

専業主婦がカードローンの審査に通過する為のポイント

申込み時の入力は嘘をつかず、正しく正確にする
申込み金額をできるだけ少なくする

 

属性はどうすることもできませんが、申込み時の入力など自分でできることは注意しましょう。

専業主婦でも借りれるカードローンは即日融資もOK!

カードローンの即日融資には条件がある

カードローンは24時間年中無休で申し込みを受け付けていますが、即日融資での借入には条件があり、その条件を満たせない場合は当日の借入は不可
翌日の融資になってしまいます。

 

即日融資の条件は以下の2つ。

  1. カードローン会社で振込手続きが完了していること
  2. ローンカードを受け取っていること

どちらか1つを満たせていればOKです。

 

1.カードローン会社で振込手続きが完了していること

銀行の普通預金口座に振り込んでもらう振込融資でお金を借りる場合、ローン会社で金融機関あてに振込手続きを行う必要があります。
『銀行の当日振り込みは15時まで』という感覚と同じです。

 

手続き反映に時間が必要な為、『即日融資は契約手続き完了後、振込手続きが○時までに完了していること』と時間の締め切りが設定されています
この締め切り時間が各ローンによって異なります。

 

この時間の目安は14時。

 

新生銀行カードローン レイクの公式ホームページにそのことが明記されています。

新生銀行カードローンレイクの即日融資条件

引用:ご契約 - インターネット(即日振込み) | レイク公式:キャッシングなら新生銀行カードローン レイク

 

審査は申込み順のため、込み合っている場合もあります。
申し込みはできたら午前中の内に、遅くても13時までには済ませておく必要があります。

 

2.ローンカードを受け取っていること

振込融資でなくても、銀行ATMやコンビに提携ATMから借入金額を引き出すことも可能です。
その場合、借入時と返済時に使うローンカード(ローン専用のキャッシュカード)が必要になります。

 

ローンカードは通常、契約完了後にローン会社から自宅に郵送され、受け取るまでに約1週間から10日程度の時間がかかります。
郵送以外ですぐローンカードを手に入れる方法は、無人契約機まで取りに行く方法しかありません

 

無人契約機は申込みから契約、ローンカードの発行までができます。
スマホやPCで審査通過を確認後に契約とローンカード発行を無人契約機で行えば、待ち時間最短。
受けとったローンカードでATMから借入金を引き出します。

 

無人契約機は土日祝、21時や22時まで営業しているので、夜間でもローンカードが受け取れます。

 

カードローン申込み銀行の銀行口座を持っているかどうか

申込み銀行の普通預金口座を持っていなければ申込みができない銀行カードローンがあります。
返済方法が口座振替のみという銀行がこれにあたります。

 

口座が必要な銀行ローンの場合、申し込みと同時に口座開設の手続きをし、借入より口座開設が優先となります。

 

カードローンに申込み ⇒ 口座開設 ⇒ 借入』の流れになります。
WEB申込みでの新規口座開設には約1週間かかるため、即日融資は不可能。

 

口座名義は契約者本人名義に限りますので、旦那名義の口座は不可となります。

 

即日融資の審査をスムーズにする為にできること

意外と多いのがメールアドレスの入力ミス
1文字でも間違っていれば、審査結果の連絡も届かず、結果的に審査落ちになることもあります。

 

もう1つ必須ではありませんが、申込み後に銀行カードローンのお問合せの連絡先に連絡を入れることも有効です。
「今申し込みました。即日融資を希望しているので審査を優先して下さい。」と伝えればOKです。

専業主婦でも借りれるカードローンは複数社から借りられる?

現在すでに1社から借りている場合はもう1社、2社までなら審査に通る見込みがあります

 

金融機関では借入残高よりも、借入件数を重視します。
借入件数が多いと返済額返済日も複数あることになり、返済が困難になる確立方悪なるからです。

 

会社員であれば3社・4社と借入している人もいます。
しかし旦那の収入のみで返済する専業主婦の返済負担を考えると、難しいでしょう。

 

2社までなら借り入れ可能とは言い切れませんが、借り入れできるとしたら2社までは可能性あり、3社目は「審査通過に挑戦する」感じでの申込むイメージです。

専業主婦カードローンWOMANが専業主婦の方に伝えたいこと
カードローンは誰でもできたら利用したくないもの。
特に家計を任されている専業主婦は、旦那の給料内でやりくりできないから、借りなければいけない理由があるからローン会社を探しているのです。
しかし専業主婦は総量規制により、どこのカードローン会社でも借りれる訳ではありません。
さらにカードローン会社を始めて利用する場合、わからないことや不安、マイナスイメージなどの先入観もあります。

 

当サイトではカードローン初心者の専業主婦が申込める総量規制対象外の銀行カードローンのみを紹介。
さらに家族にバレずに内緒で借りれる・低金利で借りれる(利息が安い)・即日融資可能など借入条件としてあげられる点も満たしたローンです。

 

各ローン会社のおすすめポイントやローン利用に関する借入・返済の注意事項や、審査や信用情報関連まで、難しく感じる融資に関する情報をわかりやすく解説しています。
専業主婦でも安心して借りれる銀行カードローンの情報は、当サイトでチェックしてください。

参照サイト

専業主婦でも借りられるカードローン

専業主婦カードローンMrs.|内緒で借入OK厳選安心カードローン

http://www.absalompress.com/
「なぜ収入証明書不要で借りれるの?」
そんな疑問をコチラの人気サイトで解決することができます。

 

金融庁

金融庁ホームページ
http://www.fsa.go.jp/
カードローン・キャッシングサービスを利用したい方のためにオススメです。借入〜返済までに必要な知識を身につけられますよ。