専業主婦でもカードローンが申込めます!

女の人

『専業主婦でも借りられるカードローンってあるのかな?』
『家族にバレずにこっそり申込めたら…』
カードローンでお金を借りたいけれど不安があって迷っている方でも大丈夫!

 

専業主婦が安心して申込める銀行系カードローンがありますよ。

 

2010年に決まった貸金業の中に総量規制という法律ができ、収入のない専業主婦がお金を借りることに規制がかかりました。
消費者金融から借りられなくなりましたが、銀行が運営するカードローンなら借りられる可能性があります。

 

銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行系カードローン 消費者金融
総量規制対象外(銀行法に基づき営業) 総量規制対象(貸金業法に基づき営業)
専業主婦の借入 ⇒ 申込み可 専業主婦の借入 ⇒ 申込み不可

 

主婦でも借りられる銀行系キャッシング厳選3社

東京スター銀行カードローン
東京スター銀行はATMで取引するタイプのカードローンと東京スター銀行の口座不要でWEBで取引するネットローンがあります。

また、専業主婦の借入に制限は設けられていないのでので、会社員と同じく借りたい金額を希望することが出来ます。

 

詳細はこちら

実質年率 ご融資額 総量規制
4.5%〜14.6% 10万円〜500万円
(専業主婦が借りられる金額の上限は設定なし)
対象外

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行の口座を持っていなくても契約をすることができます。
口座がある場合ならインターネットバンキングの利用でweb完結が可能
持っているキャッシュカードを利用して借入ができます。
申込み手続き完了後、最短30分で審査結果を知ることが出来るので急な出費があるときも安心です。

 

詳細はこちら

 

実質年率 ご融資額 総量規制
4.0%〜14.5% 10万円〜800万円 対象外

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行は店舗を持たないインターネット銀行です。

じぶん銀行に口座を持っていない方でも他行の普通預金口座があれば振り込んでもらえます。
収入証明不要で専業主婦でも借りられます。
口座をお持ちの方なら免許証や健康保険証など必要書類も不要です。

 

詳細はこちら

実質年率 ご融資額 総量規制
3.9%〜17.5% 10万円 〜 500万円
(専業主婦は30万円まで)
対象外

静岡銀行カードローン セレカ

静岡銀行カードローンは、初回に限り他行の口座へ振込みをしてくれるので、口座を持っていない場合でも即日融資を受けることができます。
また、10万円以下の借入の場合、毎月の返済額は最低2,000円から受け付けているので家計に負担なく返すことが出来ます。

 

詳細はこちら

 

実質年率 ご融資額 総量規制
4.0%〜14.5% 10万円〜500万円(※) 対象外

※主婦・アルバイト・派遣社員は一律50万円まで・増額不可

イオン銀行カードローン
日々の買い物として利用者が多く知名度の高いイオン銀行なら初めての方でも安心して借りられると評判です。

イオン銀行に口座をお持ちの方なら即日融資も可能です。
専業主婦でも50万円まで借りられる限度額の高さと10万円の借入で最低返済額3,000円でOKの負担の少なさが人気です。

 

詳細はこちら

 

実質年率 ご融資額 総量規制
3.8%〜13.8% 30万円 〜 800万円
(専業主婦は50万円まで)
対象外

家計の悩みどうしてる?

OK

専業主婦の皆さんの悩み事で多く聞かれるのが、家計のやりくりです。
専業主婦である自分が外に出て働きに出られれば家計も随分楽になるのにと考えるものの、家事や小さい赤ちゃんや子供たちの育児、ご両親の介護などで忙しく、なかなか外に出て働けないという現実があります。

 

毎月固定出費だけならば家計の管理も簡単ではありますが、急な冠婚葬祭を始め子供の塾代や部活費用・病院代など、いつどんなときに現金が必要になるかは誰にもわかりません。

 

現金を用意しなくてはならないけれど、どうしても捻出できないという事態に直面したとき、皆さんならどうしますか?
1つは銀行で預金を下ろすという方法もあります。

 

しかし現金が必要になったときが真夜中や早朝だった場合、銀行でお金を下ろすと時間外手数料が取られてしまうのをご存知ですか?
時間外手数料は一回210円程になっていますが、回数を重ねれば馬鹿にならない金額になります。
毎回毎回時間外手数料を取られるのも損をしている気分になるのではないでしょうか。

 

引き出せる預金残高があればよいのですが、長引く不況で減給やボーナスカットも珍しくない今、貯蓄が少ない家庭も多くあります。

 

悩み解決の手段、カードローン

そこで役立つのが専業主婦でも借りられるカードローンです。
必要な現金をカードローンで引き出すには、たとえ深夜や早朝であろうとも手数料無料で引き出しができるところが多いので、余分な手数料を取られる心配はありません。
利息は確かにかかりますが、翌日に返済すれば実は時間外手数料よりも安い金額で済むケースもあり、もちろんまとまった金額が借りられます。

 

それでも実際にカードローンを利用したことのない専業主婦の方が多いのですが、その理由として挙げられるのが総量規制というお金にまつわる法律が関わっています。
2010年に貸金業法が改正され、専業主婦のキャッシングには規制が掛かりました。
これにより、これまで消費者金融でも借りられていた専業主婦が借りられなくなりました。
当時報道番組でも盛んに取り上げられたので記憶にある方も多く、『専業主婦=お金は借りられない』という認識が広まりました。

 

しかし、総量規制は貸金業に関する法律の1つであり、銀行法を元にしている銀行には関係ありません。
専業主婦でも利用できるカードローンは、銀行が運営をしている銀行カードローンになります。

 

専業主婦でも借りれるカードローンはコレ!

銀行カードローンであれば、収入のない専業主婦の方でもご主人に内緒で申し込み可能です。
それは、総量規制対象外で、専業主婦の方用に、借り入れ枠が設けられてるからなのです。
この借り入れ枠があるおかげで、収入証明書不要です。
ただ、利用限度額によっては、ご主人の収入証明書が必要になってくる場合もありますので、お気をつけください。
ということは、限度額を超えなければ収入証明書不要で借入れ可能なのです。

 

専業主婦が作れるカードローンの理由

カードローンでも、消費者金融は総量規制対象なので作れませんが、銀行なら作れます。
総量規制により、借入れが年収の1/3までに制限されました。
対象のカードローン(消費者金融・信販会社のもの)では、収入自体のない専業主婦は借入れできません。
対象外なら、制限されないので専業主婦でも借入れができます。

 

カードローンは数多くありますが名前だけでは消費者金融なのか銀行なのか判断できない女性も多くいます。
CMなどで名前が知られているカードローンで見てみましょう。

 

すぐわかる!カードローンの総量規制対象・対象外一覧表

カードローン会社名 区分 総量規制
アイフル 消費者金融 対象
アコム 消費者金融 対象
イオン銀行カードローンBIG 銀行 対象外
じぶん銀行カードローン 銀行 対象外
プロミス 消費者金融 対象
モビット 消費者金融 対象
セブン銀行 カードローン 銀行 対象外
新生銀行カードローン レイク 銀行 対象外
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 銀行 対象外
楽天銀行スーパーローン 銀行 対象外
東京スター銀行スターカードローン 銀行 対象外

銀行が運営をしている安心感もありますし、仕事をしていない専業主婦でも借りられるので今とても人気があるカードローンになっています。

 

加えて家族や周囲の人に内緒で借りられるという点も魅力的です。
専業主婦の方にとって一番気になるのが、夫や家族などの周囲の人にキャッシングがバレてしまうのではないかという部分です。
カードローンを利用したいけれど、この部分が怖くて申込みができないという方がほとんどです。

 

銀行カードローンなら専業主婦でも借りれるだけでなく家族に秘密で融資をうけることができます。

 

内緒で借りられる理由

専業主婦でも借りれるカードローンでは、銀行側も利用者が誰にもバレずに借りたいことは考慮してくれています。

 

郵便物

郵便物がないように利用明細はwebで確認できるようになっており、毎月の郵送物はありません。
契約内容を記した書類やローンカードの発行の郵送がある場合も、カードローン名の記載のない銀行名の封筒で送ってもらえます。

在籍確認

専業主婦の在籍確認は働いていないため勤務先に連絡できないので、自宅か携帯電話にかけてくることになりますが、携帯電話の方におねがいすることができます。
また、在籍確認でもカードローン名を名乗ったり、本人以外が電話口にでた場合にカードローンの申込について話すことはありません。
プライバシーが守られています。

同意書不要

消費者金融での借入れは夫の同意書が必要な配偶者貸付ですが、銀行カードローンは専業主婦本人で申込むことができ、夫の同意書は必要ありません。
そのため、夫に相談することなく借入ができます。

 

専業主婦が初めてカードローンを申込む際には緊張するものです。
しかし申込むことができると事前にわかっているカードローン会社に申込むと安心です。

参照サイト

専業主婦でも借りられるカードローン

専業主婦カードローンMrs.|内緒で借入OK厳選安心カードローン

http://www.absalompress.com/
「なぜ収入証明書不要で借りれるの?」
そんな疑問をコチラの人気サイトで解決することができます。

 

金融庁

金融庁ホームページ
http://www.fsa.go.jp/
カードローン・キャッシングサービスを利用したい方のためにオススメです。借入〜返済までに必要な知識を身につけられますよ。