できるだけ少ない方がいいカードローンの利息

カードローンの利息は融資会社の『儲け』。
契約者はできるだけ支払いたくないもの。

 

こちらではカードローンの利息の計算方法から、利息の支払いを減らす方法について解説します。

カードローンの利息は金利で決まる

金利(実質年率・借入利率とも呼ばれます)は借入残高に対する利息がどのくらいなのかを表したもの。
単純に金利が低ければ低いほど、支払う利息が低くなります。

 

また借入利息は借入金額(借入残高)に対してかかってくるので、借入期間が長くなれば総支払利息が多くなってしまいます

 

カードローンの上限金利は決まっている

カードローンの金利は『利息制限法』という法律で決まっています。


   第一章 利息等の制限

 

(利息の制限)
第一条  金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一  元本の額が十万円未満の場合 年二割
二  元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三  元本の額が百万円以上の場合 年一割五分


引用:利息制限法

 

つまり、

  • 融資金額が10万円未満の場合:金利は20%まで
  • 融資金額が100万円未満の場合:金利は18%まで
  • 融資金額が100万円以上の場合:金利は15%まで

金融業者は必ず法定金利内で金利を決める必要があります。
利息制限法を守らない金融会社は悪徳業者です

 

利息制限法以内であれば各ローン会社が自由に設定してよいとされています。

カードローンの返済額には利息が含まれている

カードローンの毎月の返済額には利息が含まれており、返済額が全額元本に充てられ入るわけではありません
『返済額+利息=返済額』となるため、例えば毎月1万円ずつ返済していても、借入残高が1万円ずつ減ってはいません。

 

そのため、「毎月こんなに返済しているに、借金が全然減らない…」という声があるのは、返済しているつもりでも、思ったほど返済できていないからです。

 

同じ1万円の返済でも利息が少なければ、元金返済に充てる金額が多くなります

 

カードローンの利息は借入残高が多いほど多くなる

カードローンの利息は計算式でもわかる様に『借入残高』にかかってきます。
そのため、利息は借入残高が多い借入当初に最も多く支払うことになり、返済が進むにつれて利息が少なくなってきます。

 

返済が進むにつれて、利息が少なくなり現金返済の割合が多くなります。

カードローンの利息の計算方法

カードローンの利息は以下の計算式にあてはめれば、自分で簡単に計算できます。(日割計算できます)

 

借入残高(借入額)×金利(実質年率)÷365(うるう年は366)×借入日数(利用日数)=借入日数分の利息

 

・計算例
借入残高10万円を金利18%で30日間借りた場合の利息
100,000×18%÷365×30=約1,479円。(電卓の『%』を使って計算すると簡単です)
利息は1,479円になります。

 

カードローン会社では約定返済額(やくていへんさいがく、毎月の最少返済額)が決まっており、その額は各社により異なります。
借入残高が10万円の場合、新生銀行カードローンレイク・イオン銀行カードローンBIGの約定返済額は3,000円です。

 

新生銀行カードローン レイクとイオン銀行 カードローンBIGでどのくらい利息が違うのかを比較しました。

カードローン名 10万円借りた時の金利 約定返済額 30日間の利息
新生銀行カードローン レイク 18.0% 3,000円 約1,479円
イオン銀行 カードローンBIG 13.80% 3,000円 約1,134円

融資額が同じでも、金利の差で利息が345円も違うことがわかります。

 

カードローン選びの際、金利が重要な比較項目となります。

無利息カードローンは条件が合えばお得に

『○日間無利息』のサービスがあるカードローンがあります。
これはそのカードローン会社と初めて契約する人へのサービスです。

 

無利息サービスはその期間中は利息が無料になるため、とても魅力的で人気がありますが、気をつけたいのが契約期間後の金利。
無利息期間中は金利0%でも、無利息期間終了後は契約時に決定した金利が適用される為、その金利が高ければ以後の利息が高くなってしまうことがあります。

 

無利息期間があるカードローンを比較しました。

区分 カードローン名 無利息期間 10万円借りた時の金利
消費者金融 アコム 30日間 18.0%
消費者金融 プロミス 30日間 18.0%
消費者金融 モビット 30日間 18.0%
消費者金融 アイフル 30日間 18.0%

(※)どちらかを契約者が選択できる

 

無利息期間が終われば18%かそれに近い金利がかかってくることがわかります。

 

期間は30日、1ヶ月だけ利息がタダになりますが、それ以降の利息はもっと安いカードローンがあります。
無利息期間内に完済できる、もしくは利用期間が数ヶ月間だけなど短期借り入れの場合は無利息期間のあるカードローンはお得に借りられますが、返済期間が長期間になる場合は、総支払利息が高くなって、結果的に返済総額が多くなってしまう可能性も。

 

無利息期間のあるカードローンは全ての人が得をするとは限りません
返済シミュレーションで返済計画をたて、本当に特になるのかを確認して申込してください。

カードローンの利息は安くできる?

カードローンの支払利息は適用金利によって決まる為、金利が下がれば必然的に利息も下げられます
金利は『限度額が大きいほど安くなる』仕組となっており、金利を下げるのは今より限度額を上げる必要があります。

 

今、契約している限度額は金融機関が決定したもの。
それ以上の借入限度額に上げるのは実質不可能に近く、できないものと考えて下さい。

 

そのため、カードローンを選ぶ際に利用者側で金利が低いカードローンを選ぶ必要があります

 

カードローンの利息を抑えられる金利は何%?

大手カードローンの金利を一覧にしました。

区分 カードローン名 通常金利
銀行 みずほ銀行カードローン(※)

・エグゼクティブプラン:3.0%〜7.0%
・コンフォートプラン:3.5%〜14.0%

銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8%〜14.6%
銀行 イオン銀行 カードローンBIG 3.8%〜13.8%
銀行 東京スター銀行カードローン 1.8%〜14.6%
銀行 オリックス銀行カードローン 1.7%〜17.8%
銀行 ジャパンネッ銀行 ネットキャッシング 2.5%〜18.0%
銀行 楽天銀行スーパーローン 1.9%〜14.5%
消費者金融 アコム 3.0%〜18.0%
消費者金融 プロミス 4.5%〜17.8%
消費者金融 モビット 4.5%〜17.8%
消費者金融 アイフル 4.5%〜18.0%

(※)審査によりどちらかが決まる(申込者選択不可)

 

最高金利が14%台なら低金利といえるでしょう。

カードローンの遅延損害金

カードローンの返済日に遅れた場合、『遅延損害金』というペナルティーが課せられます。
CDやDVDのレンタルと同じで、遅延日数分だけ支払いが必要となります。

 

遅延損害金の金利一覧を作成しました。

区分 カードローン名 通常金利 遅延損害金
銀行 みずほ銀行カードローン

・エグゼクティブプラン:3.0%〜7.0%
・コンフォートプラン:3.5%〜14.0%

19.9%
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8%〜14.6% 契約金利と同じ
銀行 イオン銀行 カードローンBIG 3.8%〜13.8% 19.8%
銀行 東京スター銀行カードローン 1.8%〜14.6% 契約金利と同じ
銀行 オリックス銀行カードローン 1.7%〜17.8% 借入利率+2.1%
銀行 ジャパンネッ銀行 ネットキャッシング 2.5%〜18.0% 20.0%
銀行 楽天銀行スーパーローン 1.9%〜14.5% 19.9%
消費者金融 アコム 3.0%〜18.0% 項目4
消費者金融 プロミス 4.5%〜17.8% 20.0%
消費者金融 プロミス 4.5%〜17.8% 20.0%
消費者金融 アイフル 4.5%〜18.0% 20.0%

遅延損害金は金利が高い分、利息よりも高いお金を支払うことになります。
返済日に遅れない様、注意が必要です。