自分に合った返済しやすい方法を選ぼう!

カードローンの返済方法は、カードローン会社によって選べる場合と指定されている場合があります
指定されている場合は変更は不可、申し込み条件が他社より1つ多くなります。

 

借り入れの際は借りたい気持ちから返済までは気が回らないこともありますが、返済は完済まで続くことから返しやすい方法を選ぶことが大切です。

 

申し込み前に、返済方法についても知っておきましょう。

カードローンの返済方法5つの種類

  1. 口座振替(口座引き落とし)
  2. ATM入金
  3. 銀行振込
  4. インターネットバンキングで返済(WEB返済)
  5. 店頭窓口で返済する

それぞれを詳しく紹介します。

 

1.口座振替(口座引き落とし)

毎月の返済日(約定返済日)に指定口座から返済金額が引き落とされます。
(銀行休業日の場合は、翌営業日に口座引落)
公共料金や家賃の引き落としの引き落としと同じです。

 

口座振替の口座として指定できるのは、契約者本人名義のみです。

 

みずほ銀行カードローンとイオン銀行 カードローンBIG・ジャパンネット銀行ネットキャッシングなど返済方法が口座振替のみと決まっている銀行カードローンがあります。
この2行は振替口座も自行の普通預金口座からのみと指定されている為、申し込み時に申込者名義の普通預金口座を持っていることが条件となっています。

 

口座がない場合は、先に新規口座開設の手続きが必要です。
その他銀行カードローン・消費者金融は、どの金融機関の銀行口座でもOKです。

 

口座振替で返済する場合の注意点

口座振替で返済すると、通帳にカードローンの返済であるという記録が残ります

区分 カードローン会社 通帳記載
銀行 みずほ銀行カードローン カードローンヒキオトシ
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック コウザフリカエ/バンクイック
銀行 三井住友銀行カードローン フツウユウシゴヘンサイ
銀行 楽天銀行スーパーローン

・DKF.ラクテンギンコウ
・ラクテンカードサービス
・ラクテンギンコウ
上記のいずれか

銀行

・ジャパンネット銀行ネットキャッシング
・東京スター銀行スターカードローン
・セブン銀行カードローン
・イオン銀行 カードローンBIG

ネット銀行の為通帳発行なし
消費者金融 アイフル ACサービスセンター
消費者金融 プロミス

・パルセンター(三井住友銀行の場合)
・プロミス(ジャパンネット銀行の場合)
・SMBCコンシューマーファイナンス(その他金融機関の場合)

消費者金融 モビット カブシキガイシヤモビツト
消費者金融 アイフル ライフカード

アコムの『ACサービスセンター』は一般的な名称ではない為、他人が見てもわかりませんが、三井住友銀行カードローンの『フツウユウシゴヘンサイ』はカードローンの返済とばれる可能性があります
通帳の管理が必要です。

 

また、引き落としの残高に要注意です。
口座残高が足らない場合、返済できず返済遅延となってしまいます。
返済が遅れると、1日毎に延滞金(遅延損害金)が発生します。

 

2.ATM入金

銀行ATMや自社専用ATM、コンビニ内にあるコンビニ提携ATMから入金する方法です。
ATMにローンカードを入れ、『ご返済』のボタンを押して、お金を投入、返済完了後に利用明細が出てきます。

 

利用明細には、

  • 借入残高(利用残高)
  • 借入可能額(上限限度額までの金額)
  • 次回の返済日

などが記載されています。

 

返済日当日でなくても返済日までなら、コンビニ提携ATMであれば好きな時間に返済できるので利用者も多く便利です。
ローン会社各社の公式ホームページには、ATM検索もあります。

 

ATMで返済する場合の注意点

小銭が投入できないATMがあります
特にコンビニATMはお札のみとなり、返済額に端数があっても返済できず多めに返済することになります。

 

多めに返済した金額は元金返済に充てられますので、損をすることはありません。

 

もう1つ、ATM利用手数料が掛かる場合があります。
銀行カードローンは手数料無料のコンビニATMも多いですが、消費者金融はATM借入・返済が手数料無料ではありません。
下記の手数料が必要となります。

区分 カードローン会社 手数料無料のATM
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 自行ATM・セブン銀行ATM・ローソンATM・E-net・ゆうちょ銀行ATM
銀行 三井住友銀行カードローン 項目3
銀行 楽天銀行スーパーローン イオン銀行ATM・三井住友銀行ATM・みずほ銀行ATM・セブン銀行ATM・ローソンATM・E-net・ゆうちょ銀行ATM

銀行

東京スター銀行スターカードローン 自行ATM・セブン銀行ATM・ローソンATM・E-net
消費者金融 アコム 自社ATM
消費者金融 プロミス 自社ATM・三井住友銀行ATM
消費者金融 モビット 自社ATM・三井住友銀行ATM

消費者金融

アイフル 自社ATM

 

3.銀行振込

カードローンの返済専用口座に振込みします。
利用例としては急に海外に出張となり、口座振替で引落日に残高が足らない・ATM返済もできない場合などはこの方法で返済可能です。

 

銀行振り込みで返済する場合の注意点

振込手数料が掛かる場合は、契約者の負担となります。
そのため、振込返済の利用者は多くありません。

 

一般的に返済遅れや滞納している場合、カードローン会社から返済先として指定口座に銀行振り込みするように指定されます。

 

 

4.インターネットバンキングで返済(WEB返済)

大手の銀行カードローン・消費者金融ではインターネットバンキングでの返済も可能です。
PCやスマホから簡単に返済手続きができるので、利用者も増えています。

 

インターネットバンキングで返済する場合の注意点

通帳がある場合、口座振替返済と同じように、通帳に返済した旨が記載されます
内緒で取引したい場合は、通帳の管理が必要です。

 

5. 店頭窓口で返済する

消費者金融は有人店舗を設けている場合もあり、その場合は店舗に出向き返済ができます。
銀行カードローンの場合は、銀行窓口でも返済を受け付けていない場合が多く、ネット銀行の場合は店舗自体がない場合も。
あえて窓口返済を選ぶ必要性はありません。

 

店頭窓口で返済する場合の注意点

営業時間がネックです。
一般企業と同じで、夕方には営業時間が終了します。

 

さらに店舗の数の少ないので、使い勝手は悪いといえます。

カードローンの返済日

カードローンの返済日は返済日が自由選べる・35日毎・指定されている・いくつかのパターンから選べる4パターンがあり、契約時に設定します。

 

返済日が指定されているのは以下の銀行カードローンです。

区分 カードローン会社 返済日(約定返済日)
銀行 みずほ銀行カードローン 毎月10日
銀行 イオン銀行カードローンBIG 毎月7日
銀行 東京スター銀行スターカードローン 毎月4日
銀行 セブン銀行カードローン 毎月27日

この指定日は変更不可能です。

 

返済日が選べる場合は、給料日日直後がおすすめ。
三井住友銀行は毎月5日・15日・25日・月末から選べるので、こちらも給料日後に一番近い日を選ぶことをおすすめします。

 

35日毎は月によって返済日が少しずつずれていくので、注意が必要です。
返済日をお知らせしてくれるメールサービスがありますので、登録しておきましょう。

 

返済日によっては随時返済になる場合もある

カードローンは返済日の15日前に返済すると『随時返済(繰上げ返済)』扱いとなります。

 

返済日より14日以内であれば、通常返済となります。
しかし15日以上手前の場合は、前回返済の繰上げ返済扱いとなるので、次回返済日にまた支払いする必要があります。

 

繰上げ返済はすべて元金返済となるため、通常返済とは異なる扱いとなります。
早めに返済する場合、返済日より何日前かを考えて返済しましょう。

 

カードローンはボーナス払い不可

クレジットカードにはボーナス払いがありますが、カードローンにはボーナス払いという考えはありません
毎月1回、または35日毎に返済日が来ます。

カードローンの一括返済

一括返済する場合は、利息の再計算が必要な為ローン会社のお問合せ窓口に連絡する必要があります
一括返済したい旨を伝えると、最終の返済金額を教えてもらえます。

 

その際、端数がある場合は硬貨が投入できる自社ATMや銀行振り込みとなります。

 

アコムでは1,000円未満の借入残高は『無利息残高』といい、支払期限なし・利息なし・手数料なしの借りたままでOKというシステムがあります。
完済ではないため解約はできません。

 

アコムとしては借入残高があることでまた利用してもらえる期待ができるため、この様なシステムがあります。