クレジットカードキャッシングとカードローンの違いは意外と多い

クレジットカードキャッシングとカードローン。

 

担保・保証人不要の信用取引で現金がが借りられる個人向け融資には変わりありませんが、利用できる人に制限があったり、金利や返済方法など、利用後の条件に違いがあります

 

同じお金を借りるなら、損はしたくないもの。
このページでは各項目からクレジットカードキャッシングとカードローンの違いと気をつけたいポイントを比較・説明します!

 

※このページ示すカードローンは銀行カードローンと消費者金融を意味します。
それぞれを区別する際は、銀行カードローンの場合、消費者金融の場合など個別に示しています。

クレジットカードキャッシング・カードローンの違い:お金が借りられる

限度額

商品の後払い用の『ショッピング枠』と現金を借りる『キャッシング枠(キャッシング機能)』の利用限度額があります。
クレジットカードを申込んだ際の審査で、ショッピング枠とキャッシング枠が決定されます。
(契約時の申し出により、キャッシング枠をなしにすることもできます)

 

例えば、ショッピング枠が50万円・キャッシング枠が20万円という感じ。
しかしこの枠は「この額まで利用可能」という限度額とは少し違います。

 

キャッシング枠はショッピング枠の中に含まれるという考え方で、ショッピング枠50万円を使いきった場合、キャッシング枠は0円となります。
具体的に例を挙げて説明します。

 

ショッピング枠が50万円・キャッシング枠が20万円の場合の具体例
ショッピングで使った金額 残りのショッピング枠(その内使えるキャッシング枠)
50万円 0円(0円)
40万円 10万円(10万円)
30万円 20万円(20万円)
20万円 30万円(20万円)
10万円 40万円(20万円)
0円 50万円(20万円)

ショッピング枠50万円の中にキャッシング枠の20万円が含まれているので、キャッシング枠が残り30万円の場合、30万円中20万円までならキャッシング可能となります。

 

ショッピング枠50万円+キャッシング枠20万円=合計枠70万円ではありません。

 

カードローンでお金を借りる

カードローンは現金借入専用
金融機関が申込者個人の信用情報を照会し、審査で決定した限度額まで借入可能です。
限度額が50万円の場合、50万円まで借入可能です。

 

消費者金融会社では、希望限度額が50万円以上、または今回希望の借入限度額とこれまでの他社借入合計金額が100万円以上の場合、収入証明書の提出が総量規制により義務となります。
銀行カードローン会社は総量規制対象外のため、この限りではありません。
収入証明書が必要になるのは100万円や300万円以上の高額な借入額の場合のみ。
提出が必要な金額は、各銀行が決めています。

 

利用限度額はカードローンの方が大きい

カードローンはお金の融資がメインとなる為、最大利用限度額が最も大きいカードローン会社では1,000万円までの大口融資が可能です。
借入最小単位は1円からのカードローンもあり、小口融資にも対応しています。

 

クレジットカードはカードローンほど高額なキャッシング枠は設定がなく、小口融資のみとなります。

クレジットカードキャッシング・カードローンの違い:審査

どちらも審査時に、信用情報機関に保管されている個人信用情報を照会(確認)します。

 

審査で最も重要なのは返済能力。

 

しかし『クレヒス』も審査対象となります。
クレヒスとは『クレジットヒストリー』の略で、クレジットカードの利用記録を指します。

 

現代では商品購入以外のも、クレジットカードで公共料金の支払いや家賃の支払いも可能となりました。
クレジットカード利用は一般的となり、カード払いを利用しているのが一般的と考えられており、現金払い主義の人やたまたま作る機会がなく利用歴のない人を『スーパーホワイト』と呼びます。

 

カードローンの審査時に『クレヒスがスーパーホワイト(利用履歴がない)=クレジットカードが作れない(審査に落ちる原因がある』)と判断される可能性があります。
カードローンの審査にクレジットカード利用が関係してくることになります。

 

一方クレジットカードの審査にはカードローン利用履歴がなくても関係ありません。
むしろない方が望ましいです。

クレジットカードキャッシング・カードローンの違い:借入・返済方法

借入方法

クレジットカードキャッシングもカードローンもどちらも同じ。

  • 銀行口座に振り込んでもらう口座振込
  • コンビニなど提携ATMで引き出す

クレジットカードの場合はATM手数料がかかることが一般的で、手数料は借入が1万円未満の場合は108円(税込)、1万円以上なら216円(税込)。
振込振込での借入なら手数料は無料です。

 

カードローンでは多くのローン会社で手数料無料となっています。

 

海外での借入

クレジットカードは海外でもキャッシングが可能。
現地通貨でキャッシングでき、レートはキャッシング時のものが適用されます。

 

一方カードローンは、日本国内利用限定。
海外では借入不可能で、日本で借りてから出国するしかありません。

 

融資スピード

クレジットカードは契約時にすでにキャッシング枠が設定されていることが一般的。
そのため、すでに借りるための用意ができている状態です。
ATMでカードを入れれば借りれます。

 

カードローンは即日融資にも対応していますが、申込みから始め、審査・契約・ローンカード発行まで最短でも1時間〜2時間程度は必要です。

 

1時間も待てない!今すぐにでもお金が必要!という場合は、クレジットカードでのキャッシングが最速です。

 

返済日と返済方法

クレジットカードキャッシングの返済方法は口座振替(口座引き落とし)での返済になります。
予め振替日(支払日)が月1回が決められており、変更はできません。
(一部返済日が選択できるクレジットカードもあります)

 

カードローンはクレジットカード同様に毎月7日など返済日が決まっているローン会社と、契約時に申込者が指定した日(毎月1回、好きな日が選べる)、35日毎、5日・15日・25日など数種類から選べるなど選択できるローン会社もあります。

 

返済方法は口座振替・ATMから入金・振込があります。
イオン銀行カードローンやみずほ銀行カードローンの場合、返済方法は自行の普通預金口座からの口座振替のみですが、多くのカードローン会社では返済方法が選べます。

 

返済金額

クレジットカードキャッシングの返済方法は一括払いとリボ払い(残高スライド方式)があります。
一括払い(一括返済)は借入金額全額に利息をプラスして1回で返済するもの。

 

リボ払いと言えば、借入残高に関係なく、毎月1万円ずつ返済する分割返済のことを指しますが、大手クレジット会社では残高スライドリボルビング方式といい、借入残高に対して最低返済額が決まっている方式を採用しています。

 

融資残高

キャッシング利用可能枠

50万円以下の場合 50万円超の場合
200,000円以下 8,000円 10,000円
200,000円超〜500,000円以下 10,000円 20,000円

カードローンの場合も同じで、一括払いと借入残高に合わせて最低返済額(約定返済額)が決まっています。

クレジットカードキャッシング・カードローンの違い:金利

金利(実質年率)はクレジットカードキャッシングの方が高く、金利負担が高くなってしまいます

区分 カード会社名 金利(実質年率) 無利息サービス
銀行カードローン みずほ銀行カードローン(※)

・エグゼクティブプラン:3.0%〜7.0%
・コンフォートプラン:3.5%〜14.0%

なし

なし

銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8%〜14.6% なし
銀行カードローン イオン銀行 カードローンBIG 3.8%〜13.8% なし
銀行カードローン 東京スター銀行カードローン 1.8%〜14.6% なし
銀行カードローン オリックス銀行カードローン 1.7%〜17.8% なし
銀行カードローン ジャパンネッ銀行 ネットキャッシング 2.5%〜18.0% なし
銀行カードローン 楽天銀行スーパーローン 1.9%〜14.5% なし
消費者金融 アコム 3.0%〜18.0% あり・30日間
消費者金融 プロミス 4.5%〜17.8%

あり・30日間

消費者金融 モビット 3.0%〜18.0%

あり・30日間

消費者金融 アイフル

4.5%〜18.0%

あり・30日間
クレジットカード オリコカード 15.0%〜18.0%

なし

クレジットカード

楽天カード 18.0%

なし

クレジットカード

三井住友VISAカード(クラシックカード)

15.0%・18.0%

なし

クレジットカード

JCBカード

15.0%〜18.0%

なし

クレジットカード

ジャックスカード

15.0%〜18.0%

なし

クレジットカード

NICOSカード 17.94%

なし

(※)審査によりどちらか決定される

 

クレジットカードと消費者金融は最高金利(金利の後ろ、大きいほうの数字)はほぼ一緒ですが、銀行カードローンは最高金利が14%台があり、低金利であると言えます。

 

また銀行カードローンと消費者金融には、初回契約に限り指定期間内の利息が0%(実質無料)になる無利息サービスがあるローンがあります。
クレジットカードにはこの無利息キャッシングはありません。

 

しかしクレジットカード会社では、ステージによって金利が下がるサービスがあります。

 

NICOSカードの場合、以下のとおりです。

  • 一般カード会員:17.94%
  • プレミオ会員:17.10%
  • ゴールドカード会員:14.94%

ステージを上げるのは年間利用額を上げる必要があるなどの条件があります。
カードローンにはステージはありません。

 

損害遅延金

損害遅延金とは、返済が遅れたことによる延滞金。
キャッシングの金利とは別に、遅延日数分が返済に上乗せされます。

 

クレジットカードキャッシングとカードローンの遅延損害金の金利を比較しました。

区分 カード会社名 遅延損害金の金利
銀行カードローン みずほ銀行カードローン 19.9%
銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 借入金利と同じ
銀行カードローン イオン銀行 カードローンBIG 19.8%
銀行カードローン 東京スター銀行カードローン 14.8%
銀行カードローン オリックス銀行カードローン 借入利率+2.1%
銀行カードローン ジャパンネッ銀行 ネットキャッシング

20.0%

銀行カードローン 楽天銀行スーパーローン 19.9%
消費者金融 アコム

20.0%

消費者金融 プロミス 20.0%
消費者金融 モビット

20.0%

消費者金融 アイフル

20.0%

クレジットカード オリコカード 18.0%
クレジットカード 楽天カード 14.6%
クレジットカード 三井住友VISAカード(クラシックカード) 20.0%
クレジットカード JCBカード

20.0%

クレジットカード ジャックスカード

20.0%

クレジットカード NICOSカード

20.0%

遅延損害金に関しては、一部を除けばクレジットカードキャッシングとカードローンもほぼ20%に近い金利となります。

クレジットカードキャッシング・カードローンの違い:その他

  • クレジットカードは年会費がかかるが、カードローンは年会費無料
  • 限度額はカードローンの方が高く、クレジットカードの方が低い
  • クレジットカードは総量規制の対象のため、専業主婦の借入不可、カードローンでは銀行カードローンは総量規制対象外で借入可、消費者金融はクレジットカードと同じ総量規制の対象のため借入不可

専業主婦が専業主婦がお金を借りれるのは銀行カードローンのみ

収入がある人はクレジットカードでキャッシング・消費者金融の利用も可能です。
しかし専業主婦は総量規制対象外の銀行カードローンに限られます。

 

ここで注意したいのが、銀行系カードローンは銀行カードローンでははく銀行傘下(銀行グループ)の消費者金融であるということ。
銀行系カードローンと呼ばれるアコム・プロミス・モビットには申込めません。

 

申し込み時に必ず銀行カードローンを選んでください。