銀行カードローンと消費者金融では法律やサービスに違いがある

銀行カードローンと消費者金融。
どちらも同じお金を融してくれるローン会社ですが、両者には大きな違いがあります。

 

無収入の専業主婦は銀行カードローンからしか借りられません。
その理由やその他の違いについて、わかりやすく説明します。

銀行カードローンと消費者金融の最大の違いは『総量規制』

総量規制とは、平成22年6月18日施行された貸金業者に課せられた個人融資に関する法律の1つ。
貸金業者は、最高でも年収の1/3までしか貸してはならないということが法律で決まりました。


総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

引用:総量規制とは | 貸金業法について

 

総量規制は貸金業法で定められた法律で、貸金業法は貸金業者が守るべき法律。
貸金業者は消費者金融・クレジットカード会社・信販会社が該当し、この3社は総量規制に従わなければいけません

 

年収の1/3までしか借入できないということは、無収入では借入不可となります。
そのため、収入ゼロの専業主婦は消費者金融から借り入れできないのです。

 

一方、銀行カードローンは貸金業者ではなく銀行法を元に営業する銀行。
銀行は貸金業者ではないため、総量規制は無関係となり、『総量規制対象外』とも呼ばれています。
『候規制対象外のカードローン』といえば、銀行カードローンということになります。

 

銀行も基本的に無収入の人への融資はNG。
しかし『配偶者に安定収入があること』を条件に、専業主婦への融資を可能としています。

  • 銀行カードローン:総量規制対象外、融資限度額は銀行の審査によって決定する
  • 消費者金融:総量規制対象、融資限度額は借入額合計で年収の1/3まで

 

総量規制の収入証明書提出条件

総量規制では過剰融資(貸し過ぎ)を防止する為、下記の条件に当てはまる場合は収入証明書の提出が義務付けられています。

 


貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。(貸金業者は、この書類を用いて利用者に貸し付けた場合、年収等の3分の1を超えないか確認します。)

引用:総量規制とは | 貸金業法について

 

  • 今回の借入れ希望額が50万円以上の場合
  • 今回の借入れ希望額+これまでの総借入額=100万円以上となる場合

銀行は収入証明書の提出を100万円以上など、高額借入のみとしています。

 

収入証明書の提出条件を比較しました。

区分 カードローン会社名 収入証明の提出
銀行 みずほ銀行カードローン 200万円以上
銀行 東京スター銀行スターカードローン 300万円以上
銀行 セブン銀行カードローン 融資限度額が最高50万円までなので不要
銀行 イオン銀行カードローンBIG 300万円以上
銀行 三井住友銀行カードローン 300万円以上
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 200万円以上
銀行 楽天銀行スーパーローン 300万円以上
消費者金融 アコム 希望限度額が50万円以上または希望限度額+過去の借入残高の合計が100万円以上
消費者金融 プロミス
消費者金融 モビット
消費者金融 アイフル

銀行カードローンは総量規制とは無関係のため、収入証明書提出条件を自行で決めることができますが、消費者金融は総量規制に従う必要があります。

銀行カードローンと消費者金融は審査の厳しさと金利が違う

審査の違い

銀行カードローンの方が審査に厳しく、消費者金融は審査に甘いといわれています。

 

銀行カードローンは銀行の商品の1つであり、他にも住宅ローンや多目的ローン、企業への融資、ATM時間外手数料などカードローン以外の収入源があります。
そのため返済能力が高い人にのみ融資したい、貸し倒れ(不良債権)をできるだけ出したくないことから、厳しく審査するといわれています。

 

消費者金融は個人への融資のカードローンがメイン事業。
融資することで利息が利益となります。
融資しなければ利益とならない為、融資に積極的になっており、結果、銀行より多少審査基準が低いと考えられています。

 

銀行カードローンは保障会社の審査もある

銀行カードローンは自行の審査に加え、保障会社の審査も必要となります。
保障会社は契約者が万が一返済不能となった場合、契約者に代わって銀行に借入金額を全額返済し、債権を銀行から引き継ぎ、借金の返済先が保証会社に移行します。
いわば保険会社のような役割を果たしています。

 

保障会社は主にグループ会社(傘下)の消費者金融や信販会社が保証人役を担い、銀行は保証会社に保証料(保険金)を支払います。
銀行は契約者が返済不能に陥っても、保証会社から支払ってもらえる。
保証会社は銀行から保証料をもらえる。
カードローンの返済不能となる確立は契約数と比較してとても少ない為、消費者金融は保証会社になっても利益が上回るのです。
お互い利益があることになります。

 

消費者金融はこの保証会社がなく、自社での審査のみ。

 

銀行の審査は銀行と保証会社の2回あり、消費者金融は消費者金融の審査の1回のみ。
審査の回数からも、銀行カードローンの方が審査が厳しいと考えられます。

 

上限金利の違い

消費者金融の方が金利(実質年率)が高く、金利の平均が利息制限法の上限18.0%かそれに近いもの。
銀行カードローンの金利は平均で14%台が多くなっています。

 

銀行カードローンと消費者金融の金利を比較しました。

区分 カードローン名 通常金利
銀行 みずほ銀行カードローン(※)

・エグゼクティブプラン:3.0%〜7.0%
・コンフォートプラン:3.5%〜14.0%

銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8%〜14.6%
銀行 イオン銀行 カードローンBIG 3.8%〜13.8%
銀行 東京スター銀行カードローン 1.8%〜14.6%
銀行 オリックス銀行カードローン 1.7%〜17.8%
銀行 ジャパンネッ銀行 ネットキャッシング 2.5%〜18.0%
銀行 楽天銀行スーパーローン 1.9%〜14.5%
消費者金融 アコム 3.0%〜18.0%
消費者金融 プロミス 4.5%〜17.8%
消費者金融 モビット 4.5%〜17.8%
消費者金融 アイフル 4.5%〜18.0%

 

銀行は審査に厳しい為、金利が低めに設定されており、消費者金融は審査が甘めの分、金利が高めに設定されています。

銀行カードローンと消費者金融はサービス面が違う

自動契約機の有無

カードローンの自動契約機は無人契約機やテレビ窓口とも呼ばれる申込みから契約、ローンカードの発行までがその場でできるローン専用のATMのようなもの。
自動契約機の営業時間は21時や22時までと長く、夜間でも自動契約機まで出向けば即日融資が可能です。

 

しかし自動契約機がある銀行は少なく、大手消費者金融ではあるのが当たり前です。

 

自動契約機の有無を一覧にしました。

区分 カードローン名 自動契約機
銀行 イオン銀行 カードローンBIG なし
銀行 三井住友銀行カードローン あり
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック あり
銀行 東京スター銀行カードローン なし
銀行 セブン銀行カードローン なし
銀行 みずほ銀行カードローン なし
消費者金融 プロミス あり
消費者金融 アコム あり
消費者金融 アイフル あり
消費者金融 モビット あり

審査スピード自体は銀行カードローンも消費者金融もほぼ同じ。
しかし夜間や土日祝の即日融資キャッシングは自動契約機が多い消費者金融に軍配が上がります

 

銀行の普通預金口座の有無

銀行カードローンは申込み時に自行の普通預金口座を持っていなければ、申込み不可という銀行があります
みずほ銀行カードローン・イオン銀行 カードローンBIG・セブン銀行カードローンがこれに当たります。

 

返済方法は口座引き落とし(口座振替)のみという条件になり、口座を持っていなければカードローン申し込みと同時に新規口座開設が必要となります。
銀行口座を増やしたくない人や即日融資希望者にはデメリットです。

 

消費者金融は消費者金融自体が銀行ではない為、自社口座というものがありません。
返済方法は銀行ATMやコンビニ提携ATMからでもOK、口座引き落としであればどの金融機関でもできます。

 

利便性が良いのは消費者金融です。

 

無利息期間がある

カードローンには初回契約の場合のみ30日間無利息になる無利息期間サービスがあるものがあります。
このサービスも銀行カードローンには少なく、大手消費者金融では一般的

 

無利息期間があるカードローンは以下のみです。

区分 カードローン会社名 無利息サービス
銀行 みずほ銀行カードローン なし
銀行 東京スター銀行スターカードローン なし
銀行 セブン銀行カードローン なし
銀行 イオン銀行カードローンBIG なし
銀行 三井住友銀行カードローン なし
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック なし
銀行 楽天銀行スーパーローン なし
消費者金融 アコム 30日間
消費者金融 プロミス 30日間
消費者金融 モビット 30日間
消費者金融 アイフル 30日間

大手消費者金融ではまずプロミスが無利息サービスを開始し、他も続いて取り扱いを始めました。
銀行カードローンはまだ無利息サービスの取り扱いは広まってはいません。

銀行カードローンと消費者金融は安心感が違う

銀行は給与振込みや公共料金の引き落とし、預貯金の預け入れなどで銀行を利用している為、正確な業務までは把握していなくても、お金をやり取りしている企業であるということは広く認知されています。
銀行は信頼性も高く、銀行自体に健全なイメージがあります。

 

住宅ローンなどでも利用者が多く、『銀行からお金を借りる』ということに不信感はありません。

 

大手消費者金融は貸金業法を元に健全に営業されており、安心して取引ができます。
しかし消費者金融はお金を借りたい人のみが利用するため、利用者以外には馴染みがありません。
そのため、消費者金融は印象が銀行よりも劣ることは否めません。

銀行カードローンと消費者金融の違いのまとめ

銀行カードローン

比較項目

消費者金融
対象外

総量規制

対象
銀行が定める限度額に準ずる

収入証明書の提出

・今回の借入れ希望額が50万円以上の場合
・今回の借入れ希望額+これまでの総借入額=100万円以上となる場合

厳しい・保証会社の審査あり

審査

銀行よりは甘い・保証会社なし
低い

上限金利

高い
ない方が多い

自動契約機

ある
必要な銀行がある

銀行口座

必要なし
ない銀行が多い

無利息サービス

ある
ある

安心感

やや劣る

専業主婦の場合は銀行カードローン一択のみ。
今すぐではなくても、将来パートやアルバイトなどで少しでも自分に収入があれば、消費者金融も選択できます。

 

銀行カードローンと消費者金融の違いを把握しておきましょう。