専業主婦がカードローンの在籍確認のタイミングと内容

在籍確認とは、申込書に書かれた自宅や勤務先に本当に申込人が在籍しているかを電話で確認する作業のことをいいます。

 

キャッシング会社が直接自宅や勤務先に電話をしてきて、家族や周囲の人にバレてしまうのでは?と心配している方も多く、在籍確認なしのカードローンを探す人もいます。
しかし内容を知れば、不安になることはないとわかるはず。

 

こちらでは在籍確認の意味から、タイミングや内容までを紹介します。

カードローンの在籍確認とは

『申し込み者が本当に実在するか』『本当に申し込みをしたか』を確認する為のものです。
本人確認書類の提出や信用情報で氏名や住所も確認しますが、別人が成りすまして申し込みをしていたり、勤務先が申告通りかを確認します。

 

在籍確認はキャッシングの審査の中でもかなり重要な項目とされており、確認をせずに融資を受けられる会社はほとんどありません。
電話申し込み・ネット申し込みなど、どんな申し込み方法でも変わりありません。

 

銀行によっては、在籍確認なしでOKのカードローンもある

セブン銀行カードローンの在籍確認
セブン銀行カードローンの在籍確認

よくある質問に『原則なし』とあります。

 

この様に公式ホームページに在籍確認を省略するとの記載がある場合もあります。

 

専業主婦でも借りれる銀行カードローンの在籍確認の有無

通常はどの金融業者でも連絡があるのは当たり前ですが、一部在籍確認なしでもOKという銀行カードローンもあります。
在籍確認あり・なしを一覧にしました。

区分 カードローン名 在籍確認
銀行 イオン銀行 カードローンBIG あり
銀行 三井住友銀行カードローン あり(※ローン契約機利用ではなし)
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック あり(※ローン契約機利用ではなし)
銀行 東京スター銀行カードローン あり
銀行 新生銀行カードローン レイク あり(※ローン契約機利用ではなし)
銀行 セブン銀行カードローン 基本的に在籍確認なし
銀行 みずほ銀行カードローン あり
銀行 ジャパンネット銀行ネットキャッシング あり
銀行 ソニー銀行カードローン MONEYKit あり

※自動契約機での契約の場合
三井住友銀行カードローン・三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック・新生銀行カードローン レイクでは、自動契約機(無人契約機・テレビ窓口)利用で通常はある在籍確認をなしにできます。

 

自動契約機は契約機にカメラが付いており、審査担当者側から利用者の顔が確認でき、申込者本人が出向いている為、在籍確認をなしにできるのです。
しかし在籍確認は仮審査には必要な手順の1つ、公にないとは言えないようです。

カードローンの在籍確認はいつ・どこにかかってくるの?

カードローンの流れは『申し込み⇒仮審査⇒本審査・契約⇒借入』。
在籍確認は『仮審査』の段階で行われます。

 

連絡は申込みをしてから約1時間以内、比較的すぐにかかってきます。
(審査は申込み順で進められるため、審査が込み合っていたらもう少し長くなることもあります)

 

連絡を避けて欲しい時間があったり、日時の指定をしたい場合は、申し込み後にお問い合わせの電話番号に連絡しましょう。

 

在籍確認の連絡の時間について相談したいと伝えればOK。
できるだけ希望に沿ってもらえます。

 

連絡先は専業主婦の場合は自宅の固定電話か携帯電話、会社員やパート・アルバイトなど自分に収入がある場合は、勤務先です。
(派遣社員は派遣元の派遣会社、連絡先を勤務先に変えてもらうこともできます)

カードローンの在籍確認の内容

カードローンの審査担当者が連絡をしますが、その時にカードローン名や会社名を名乗ることはありません

 

「三菱東京UFJ銀行のバンクイックの者ですが、○○様いらっしゃいますか?」
「この度カードローンをお申し込みいただきましたイオン銀行カードローンの審査部の○○と申します。○○様は…」

この様な連絡は絶対にしません

 

具体的な在宅確認の例を挙げて説明します。

 

「もしもし、山田(個人名)と申しますが、○○様のお宅でしょうか?
○○さんはいらっしゃいますか?」

この様に必ず個人の苗字を名乗るため、ローン申込みがバレることはありません。
これは、専業主婦でも会社員でも同じです。

 

電話口で申込者かどうかの確認が取れてから、カードローンの在籍確認の連絡ですと伝えられるだけ。
利用目的をかかれることもありません。
あくまでも確認が取れればいいだけなので、通話時間もすぐ終わります。

 

カードローンの在籍確認の連絡に出られなかった場合

自宅・勤務先に関わらず席をはずしている場合は「出かけてまして…」や「席をはずしております。」と対応すれば「不在=本人はその連絡先に普段はいる」と判断されます。
必ず電話連絡に出なければいけないということはありません。

 

家族が本人不在の時に「今はいません。」と対応してそれで確認が終わり、私には在籍確認はなかったと思っている人もいます。
在籍確認がないということは基本的にありえないため、不在でも確認が取れたという可能性が考えられます。

 

もし夫や子供など家族がこの連絡を受けたとしても、カードローンの問い合わせとは絶対わかりません
「山田さんから連絡があったよ!」という程度です。

 

カードローンの在籍確認が第三者にばれない為のローン会社の配慮

さらに徹底しているのが、架電の際に相手側に表示される電話番号についてです。
ナンバーディスプレイサービスや携帯電話など、かけてきた相手の電話番号が表示されますがキャッシング会社名とわからない別の番号を使うようにしています。

 

お金を借りたことを他人に知られたくないとカードローン会社も分かっています。
周囲にバレないように徹底的に配慮して在籍確認を行っています。

配偶者の勤務先に連絡が入りることはない(例外あり)

旦那の職場に連絡がいくことを心配する主婦もいますが、無収入の専業主婦がカードローンに申込んでも、配偶者である旦那に借り入れを同意しているかの確認などの連絡が入る事はありません。

 

その理由は、在籍確認の理由が本人であるかどうかの確認のためであるから。
確認したい対象は申し込み者本人だけです。

 

金融会社は契約者(利用者)以外の第三者には情報を漏らしてはいけないことになっています。
申込みが専業主婦の時点で本人に収入が前提、その上で申し込みを受け付けている為、同意を求める必要がないのです。

 

専業主婦のカードローン申込みに配偶者の同意書が不要なのも、これと同じ理由です。

 

例外!配偶者に確認の連絡が入る銀行カードローン

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは、専業主婦のカードローン申込みで配偶者に申込みに同意しているかの電話確認があります。
公式ホームページの注意事項に下記の記載があります。


専業主婦(女性のみ可)の方のお申し込みは、配偶者さまの勤務先にお勤めの確認のため、お電話をいたします。事前に配偶者さまにもご了解くださいますようお願いいたします。

引用:契約の流れ(口座がある方)|ネットキャッシング|ジャパンネット銀行

 

専業主婦申込OKの銀行カードローンで、配偶者の確認があるのはジャパンネット銀行だけ。
ジャパンネット銀行は総量規制対象外、専業主婦でも申し込み可能ですが、銀行の方針で旦那に確認を取る決まりとなっているのです。

 

(※当サイトでは旦那への連絡なしの銀行カードローンのみ紹介しています)

カードローンの在籍確認がどうしても不安な場合

在籍確認がどうしても不安な場合は、カードローン申し込み後に「キャッシングしていることを家族や主人に内緒にしたい」ということをお問合せ窓口に伝えましょう。
その上で、

  • 連絡日時の打ち合わせをする
  • 必ず女性から連絡してもらいたい(男性からの連絡が怪しまれると思われる場合)

この様にできることをしておきましょう。