カードローンの必要書類は本人確認のために提出する

カードローンに申込む際には申込者が本人かどうか確認する為の本人確認書類が必ず必要になります。
これは申込む全ての人共通です。

 

在籍確認という電話連絡での本人確認もありますが、公的機関でも身分証明書(本人確認資料)となるものの提出が求められます。

 

何を用意すればいいのかについて説明します。

カードローン申し込みで必要な本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証(社会保険証・国民健康保険証)
  • パスポート(写真と住所が記載してあるページ)
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

現住所記載されている箇所が必要となる為、運転免許証の裏面に住所変更等の記載がある場合は裏面の提出も必要になります。
(裏面に記載がなくても表裏両方の提出が必要な場合もあります)
有効期限内のものに限ります。

 

本人確認書類で最適なのが運転免許証

運転免許証には氏名・生年月日・住所・顔写真があり、カードローン会社が一番確認したい本人確認書類です。

 

運転免許証の12桁の番号は、一度取得したら生涯変わることはありません。
(紛失のため再発行された場合は末尾の数字が変わる)
結婚して苗字が変わった場合もこの番号は変わらない為、苗字が違っても同一人物であることも確認できます。

 

運転免許証がある方は、免許証がベストです。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックでは、テレビ窓口(無人契約機)でのローンカード発行には必ず運転免許証の提出が必要です。
運転免許証以外の本人確認書類は、テレビ窓口では発行できず後日の郵送となります。

 

運転免許証が一番適していることがわかります。

 

その他カードローンの申し込みで本人確認書類と認められるもの

その他以下の書類もOKな場合もあります。

  • 運転経歴証明書
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 住民基本台帳カード

しかしこれらでは本人確認書類としては認めていないカードローンもあります

 

三井住友銀行カードローン バンクイックの必要書類は公式ホームページで以下とされています。


本人確認書類に関するご注意
以下の点にご注意ください。
(1)
運転免許証
現住所の記載があるものに限ります。裏面に現住所の表示がある場合は表・裏両方のコピーのご提出、またはご提示が必要です。また運転免許証に記載された本籍地等の情報は、当行は取得せず、当該部分が識別不能となるように処理いたします。
(2)
健康保険証
住所欄に現住所のご記入があるものに限ります。
(3)
パスポート
日本国内で発行のもので顔写真のページと所持人記入欄(お名前・現住所等、記入箇所)の両方のコピーのご提出、またはご提示が必要です。
(4)
個人番号カード
現住所の記載があるものに限ります。表面のコピーのみ必要です。


引用:カードローン「バンクイック」 : 本人確認書類に関するご注意 | 三菱東京UFJ銀行

 

みずほ銀行カードローンの公式ホームページは以下が記載されています。


2.ご本人さまであることを確認できる書類のコピー(以下のいずれか1通)をご用意ください。
・運転免許証(*1)
・運転経歴証明書(*1)(*2)
・パスポート(写真およびご住所のページ)
・各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
・印鑑証明書(*3)
・住民票(*3)
・住民基本台帳カード(*1)
・在留カード(*1)(*4)
・特別永住者証明書(*1)(*4)
(*1)変更事項がある方については両面ともご用意ください。
(*2)2012年3月31日以前の発行分は本人確認書類としてのお取り扱いはできません。
(*3)発行後3ヵ月以内のものをご用意ください。
(*4)外国人登録証明書は一定期間、在留カード、特別永住者証明書とみなされます。

【ご注意】
・本人確認書類は氏名、住所、および生年月日が記載されているものに限ります。
・外国人の方は、永住許可を受けていることが確認できる書類をご提出いただきます。


引用:みずほ銀行:みずほ銀行カードローン:必要書類

 

この様にローン会社によっても違いがありますが、運転免許証・健康保険証・パスポート・個人番号カードの4つであれば、どのローン会社でもOKです。

 

追加で本人確認書類を求められる場合も

最近引越しをしたばかりで、住所変更の手続きがまだ済んでいないなどの場合、本人確認書類と現状の情報が合致していない場合などは、追加の書類提出を求められる場合もあります。
何も問題がなければ、

  • 住民票の写し
  • 印鑑証明
  • 公共料金の領収書(氏名が記載されているもの)
  • 納税証明書

現住所が記載されており、ローン会社によっては3ヶ月以内や6ヶ月以内に発行されたものでなければいけません。
できるだけ最新のものを用意してください。

外国人のカードローン必要書類

永住許可がある方のみ申し込み可能です。

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書

こちらも運転免許証等の本人確認書類と合わせて提出が必要です。

条件によっては収入証明書も必要

銀行カードローンは、銀行側の定める100万円以上や300万円以上などの高額限度額を希望する人の場合、消費者金融は、希望限度額が50万円以上または希望限度額とこれまでの他社借入の合計が100万円以上になる場合は、収入証明書の提出が必要となります。

 

収入証明書として認められるものは以下のとおりです。

  • 給与明細書(勤務先から交付されたもの)
  • 源泉徴収票(勤務先から交付されたもの)
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書
  • 課税証明書
  • 所得証明書(市町村の役所か税務署が発行するもの)
  • 確定申告書(第一・第二、2種類あります)
  • 納税証明書(その1・その2、、2種類あります)

給与明細は直近1ヶ月や2か月分の場合があり、賞与がある場合は1年分の賞与の明細も必要です。
自営業者は住民税決定通知書・課税証明書・納税証明書を指定している場合もあります。

 

基本的には用意しやすいものでOKです。
個人事業者の場合は住民税決定通知書・課税証明書・納税証明書になります。

 

こちらもローン会社によって、確定申告書は第一だけでいい場合もあるため、事前にローン会社の公式ホームページで確認してください。

カードローンの必要書類の提出方法

コピー(写し)を郵送で提出することもできますが、必要書類をスキャナーで読み取ったものか、携帯電話やスマホのカメラで撮影した画像をローン会社の専用URLからアップロードする方法が一般的です。
わざわざコピーを取る必要もなく、手間もかかりません。

 

申込方法がPCやスマホからのWeb申込み(Web契約)は、この方法となります。
メールでもアプリからでも、画像が簡単に送れるのでとても便利です。

 

写真は鮮明なもの・きちんと全体が撮れているものでなければいけません。

  • ぼやけていて文字がはっきり読み取れない
  • 大きすぎて一部がかけている
  • 小さすぎる
  • 画像に指かかかっている
  • 写真を縦方向に撮っている

上記のような場合は、再提出を求まられ、融資までに時間がかかることにも繋がります。
撮影時に注意して下さい。

カードローンの必要書類はいつ提出するの?

必要書類は仮審査を終えた後です。
仮審査後に本審査の一環として本人確認書類の提出が求められます

 

カードローンの申し込み時に、事前に用意しておくのがベストです。
自動契約機を利用する場合は、自動契約機に必要書類の読取機能があるので、契約機に行く際に用意して行く様にしてください。

本人確認書類が不要なカードローン会社もある

セブン銀行カードローンは口座を持っていれば本人確認書類・収入証明書が不要です。

 

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンの本人確認書類

 

『口座を持っている=口座開設時に本人確認が取れている』ことから、書類提出の手間を省略しているのです。

 

他の多くのカードローンでは、口座を持っていても本人確認書類の提出を求められることが一般的です。

専業主婦がカードローンで借りるときの必要書類

専業主婦自身の本人確認書類のみです。

 

ローン会社は申込本人と確認できればOKなので、配偶者の収入証明書や同意書は不要

 

専業主婦は無収入なので、本院の収入証明自体がありません。
そのため、運転免許証を始めとする基本の本人確認書類でOKです。