総量規制とは?

総量規制女性

2010年に改正された貸金業法の中に、総量規制という法律があります。
総量規制にはいくつかの規制が盛り込まれており「年収の1/3以上の借入を禁止」という項目があります。
借入申込者の収入に応じた金額しか借りられなくなりました。

 

法律が改正された理由

改正前はこういった規制はありませんでした。
いくらまで借入ができるのかはキャッシング会社のさじ加減によるところが大きかったのです。
多くの消費者金融がすでに多くの借り入れがある人にも貸し付けていたました。
それが過剰貸付けとみなされ、債務整理や破産者が増えたことから新たに規制が設けられました。
この法律の施行により追加の借入ができず、融資は受けられずただ返済のみするだけという人もいました。

 

年収の1/3以上の借入を禁止は絶対ではありません

借入は通常のキャッシングの他に、住宅ローンや自動車ローンもあります。
通常住宅ローンを借りている人や車のローンを組んでいる人は百万円単位、数千万単位の借入があります。
そのため総量規制の中にも「除外」「例外」があるのです。

総量規制に当てはまらない「除外」と「例外」

除外とは?

もともと総量規制にあてはまらないもの。年収の1/3の金額の中に含まなくてもいい借入。

例外とは?

総量規制にあてはまり年収の年収の1/3の金額の中に含まれるが、返済能力があると判断されれば借りられるもの。

総量規制の例外と除外

 

※総量規制は純粋に個人で利用するために借りたキャッシングの場合に適用される法律になります。
すでに借入がありその借入が規制の対象になってるのかどうかの判断がつかない時はカードローン会社に相談してください。

 

銀行のカードローンは総量規制の対象外です

総量規制は貸金業法の中の法律ですので消費者金融には当てはまりますが、銀行には当てはまりません。
守るべき法律が違うため、銀行は総量規制対象外となっています。

 

専業主婦の借入に関しても現在は銀行のカードローンのみ利用することができます。
申込むカードローン会社を間違えないようにしてください。

 

参考ページ

矢印消費者金融と銀行カードローンの違い
専業主婦が消費者金融で借りられない理由について分かりやすく説明しています。

 

矢印日本貸金業協会 利用者にとってここが変わりました
消費者金融を取りまとめている日本貸金業協会が総量規制について説明しています。

 

 

家族に内緒で借りれる!専業主婦が借入できるカードローンはコチラ