カードローンの申込みに保証人・担保不要。その理由とは?

銀行カードローン・消費者金融・クレジットカード会社・信販会社も全て保証人も担保も不要

 

一般的に融資の保証人を用意したり、担保として差し出せる資産がある人のほうが少ないため、保証人・担保がなければ貸さないとなると、カードローン申込者はほぼいなくなるでしょう。
そうならない為にカードローンには保証人・担保なしできる仕組みが備わっています。
詳しく説明します。

カードローン申込みに保証人が不要な理由:小口融資だから

数ある金融サービスの中でも、カードローンは小口融資だとされています。

 

住宅ローンやマイカーローンは融資単位が一千万円や百万円単位の大口融資。
それに比べるとカードローンの融資単位は数万円からと明らかに小額です。

 

銀行カードローンでは融資上限が消費者金融でも800万円、銀行カードローンは1,000万円までと高額が設定されています。
しかし消費者金融は総量規制により、年収の1/3までしか借りることができません。

 

消費者金融で800万円を借りるためには、年収が2,400万円ないと借りれません。
そのため、何百万円もの高額融資が受けられるのはほんの一握り。

 

銀行カードローンは自行の審査に加えて保証会社の審査を設けています
それには銀行独自の理由が関係しています。

 

銀行カードローンの審査に保証会社が必要な理由

銀行カードローンは高額融資は得意ですが、小額融資に関してはノウハウがなかったため、消費者金融を保証会社として審査に加えることで保険をかけています

 

もしも契約者が返済不能となった場合、保証会社である消費者金融が立替払いで銀行に借入残高を支払います(代位弁済といいます)。
債権は保証会社である消費者金融に移行、以後の返済のやり取りや法的処置の申立ても消費者金融になります。

 

銀行の審査に通過しても、保証会社の審査に通過できなければNG。
消費者金融は自社審査のみで保証会社は設けておらず、保証人・担保も不要。
それに習い銀行カードローンも保証人も担保も必要ありません。

 

大手銀行カードローンの保証会社は以下のとおりです。

銀行カードローン名 保証会社名
みずほ銀行カードローン 株式会社オリエントコーポレーション
イオン銀行 カードローンBIG イオンクレジットサービス株式会社オリックス・クレジット株式会社
東京スター銀行スターカードローン 新生フィナンシャル株式会社
楽天銀行スーパーローン 株式会社オリエントコーポレーション株式会社セディナ
セブン銀行カードローン アコム株式会社
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック アコム株式会社
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
ジャパンネット銀行ネットキャッシング MBCコンシューマーファイナンス株式会社
福岡銀行カードローン セレカ

静銀ディーシーカード株式会社
新生フィナンシャル株式会社

消費者金融が銀行カードローンの保証を引き受ける理由

銀行カードローンは消費者金融会社に保証料を支払っています。
貸し倒れ(返済不能)となるリスクは貸付全体で見ると少ない為、消費者金融自体は保証を引き受けてもデメリットは少ないという仕組み。

 

銀行は保証人・担保なしOKでの融資が可能となり、消費者金融は保証料が収入となり、互いにメリットがあることになります。

カードローン申込みに保証人が不要な理由:信用情報を確認しているから

申込み時に審査で信用情報機関に保管されている個人信用情報を照会し、現在のローン残高や支払い状況、異動情報(返済遅延や延滞や・金融事故、自己破産などの債務整理)がないかをチェックします。

 

ここで返済能力を確認、完済できると判断した金額を貸付限度額に設定します。
返済能力なしと判断すれば審査落ち返済能力が引くければ限度額を下げるだけの話です。

 

個人情報をしっかりチェックすることにより、保証人・担保不要での融資を可能にしています。

カードローンで保証人・担保を求められるケースはあるの?

ありません
保証人を立てる場合は、保証人がそのことを承知しているかをキャッシング会社が確認を取らなければいけません。
さらに保証人が本当に保証するだけの経済能力があるのかを審査する必要があります。

 

担保は担保価値を調査しなければいけません。
担保になるものは不動産・預貯金・有価証券(国債や株券など)・会員権(ゴルフ会員権など)など色々あります。
その担保もまた金融機関側で価値を評価する作業が必要です。

 

このことから、カードローンでは保証人・担保を求められることはありません。
に担保融資(保証人・担保を出すから融資して欲しい)を申し出ても断られます

 

その代わり、収入証明書の提出が求められることはあります。
提出条件は以下のとおりです。

 

銀行カードローンの場合

100万円以上の借入限度額を希望する場合、提出が必要な金額は各銀行によって変わる

 

消費者金融の場合

@50万円以上の借入限度額を希望する場合
A@+他社借入合計が100万円を超える場合

 

消費者金融は貸金業法の総量規制により、@またはAの場合は必ず収入証明書の提出を求めることが義務とされています。
銀行が遵守する銀行法は収入証明書の提出条件を定めてはいません。

 

保証人・担保を提出する代わりに、収入があることを証明する給与明細や源泉徴収票、確定申告書などの提出が求められます。

保証人・担保なしのおかげでカードローンは即日融資ができる

カードローンのサービスの1つとして即日融資が挙げられます。
申込んでその日の内にキャッシングできるのはカードローンの特徴。

 

保証人・担保不要にできるのは、それだけの理由があるということです。