個人信用情報とは

審査の際に確認されるのが申込者個人の信用情報です。

 

個人信用情報には、その人の氏名や生年月日などの他に、他社の借入状況や返済状況の一覧が載っています。
情報は総理大臣が定めた法人「指定信用情報機関」によって管理され、申し込みがあると各カードローンの審査部門の担当者が該当の情報機関に問い合わせをします。

 

個人の情報がすべて同じ1つの会社で管理されているのではなく、情報ごとに管理会社が異なります。

 

個人情報を管理している3社

全国銀行個人信用情報センター(KSC) 銀行や信用金庫などの情報を取り扱っています
株式会社シーアイシー(CIC) クレジットカード・信販系の情報を取り扱っています。
日本信用情報機構(JICC) 消費者金融系の情報を扱っています。

上記3社は同じような信用情報を取り扱っている機関で、お互いの情報交流はしていません。
独立した機関となっています。
(※情報によってはCICにもJISSにもある場合もあります)

登録されている内容の詳細(主な項目です)

借入に関する情報
  • 借入会社名
  • 契約日・貸付日
  • 利用金額・保証額
  • 利用日
  • 最新の入金日
  • 次回入金予定日
  • 現在の残高
  • 完済日(完済した借入がある場合)
  • 配偶者貸付でかしたかどうかの有無
クレジットカードに関する情報
  • 契約会社名
  • 契約日
  • 限度額(ショッピング枠とキャッシング枠の合算)
  • 保証会社名
  • 支払サイクル
  • 最新の利用日
  • 最新の入金日
  • トータルの残高(リボ払い残高とキャッシング残高の合計)
  • クレジットの残高
  • キャッシングの残高
  • 1年間に支払う予定の金額
  • 次回入金・振込・口座引き落としいずれかの予定日
  • 契約終了日(完済日)

このように細かく項目に分けられ登録されています。

 

情報は銀行カードローンならKSCに、消費者金融ならJICCに問い合わせます。
情報機関は基本的に横のつながりはありませんが、登録項目が重複していたり、銀行によってはKSCにもJICCにも登録していて見ることが出来る会社もあります。

 

ブラックリストとは

返済が遅れているのに連絡をしなかったり、返済がない場合は要注意人物として登録されます。
この『要注意人物として登録されている = ブラックリスト』と呼ばれており、ブラックリストという専門のリストが存在するわけではありません。
要注意人物の情報はどの機関でも共有されます。

 

ブラックリスト登録項目

 

このように項目が細かく分かれており、情報は1〜5年以内は掲載されます。
代わりに支払ってもらった・法的処置など支払わなかった情報は『発生日から5年を超えない期間』掲載されますので、実質5年は消えないと考えてください。

 

普通に問題なく返済をしている人はブラックリストに載ることはありませんが、個人情報にはカードローンを利用していることは記載されます。
しかし支払いに問題がなければ日常生活においてなんら支障はありませんので安心してください。

 

参考ページ

矢印登録内容と登録期間に関する詳しい内容
JICCに実際の信用情報の見本がPDFで公開されています。全部は理解する必要はありません。
参考程度に見てみてください。

 

 

 

家族に内緒で借りれる!専業主婦が借入できるカードローンはコチラ