テレビ窓口や無人契約機とは?

無人契約機

カードローンの申込み方法として、テレビ窓口や無人契約機があります。
名前やどんなものかイメージはできても実際中はどうなっているのかはあまり知られていません。

 

テレビ窓口は主に銀行のATMの近くに、無人契約機は人通りの多い繁華街や車通りの多い国道沿いに多く見られます。

 

基本的にどの会社の契約機も同じような仕組みになっています。

中はどうなっているの?

無人契約機の画像

中は小さな個室になっていて、人はおらず機械の前に椅子が用意してあります。
ATMの前に椅子が置いてあるイメージです。
申込みたい場合は、部屋に入室し機械の椅子の前に座って手続きしたい内容を画面上から選べば手続きが開始されるようになっています。

 

入ると部屋に鍵がかけられる様になっているので安心です。

 

持っていくものはあるの?

記入するためのボールペンや申込用紙などは用意してありますので、事前に持参する書類は身分証明書のみで大丈夫です。(融資希望金額により収入証明書も必要な場合あり)

 

本当に無人なの?

人はいませんが、マイクを通して担当者の声が聞こえてきます。
カードローン会社の申込みセンターから遠隔で操作が行われ、操作方法などを説明しています。
マイクの他にカメラもありますから、部屋の中の状態は常にセンターで見られている事になります。

監視の目的もある
  • 提出された身分証明書と本人が同一人物なのかを判断するためや
  • 申込みの時点で泥酔していたり暴れていたりする人は申込者として不適合と判断
  • 防犯のため

 

人はその場所にはいないけれども、実際にいるような感覚で手続きができるのが、テレビ窓口や無人契約機になります。

 

手続きはどうやるの?

まずは申込み

備えつけの申込用紙に必要事項を記入し機械に読み取らせます。(スキャナー機能があります)
読み取れなかった箇所はマイクを通して質問されます。
免許証などの本人確認書類も読み取らせます。

在籍確認はあるの?

テレビ窓口・無人契約機であっても在籍確認の連絡はあります。
夜間の場合、自宅に誰もいない場合については以下の通りです。

 

会社員で就業時間外の申込み

夜など就業時間外で勤務先に連絡が取れない場合は、社会保険証給与明細があれば在籍確認の代わりになる場合もあります。(必ず在籍確認の代わりになるというものではありません)
※申込み手続きの際に今は就業時間外であることを伝えておきましょう。
申込みには必要ありませんが、保険証なども持って行っておくことをおすすめします。

 

専業主婦で自宅に誰もいない場合

申込用紙に自宅の電話番号を記入するか携帯番号を記入するかによるそうです。

自宅の電話番号の場合 コール音が鳴ればOK(実際に存在し連絡がとれる番号だと判断してもらえる)
携帯の電話番号の場合 その場で鳴るのでOK(申込み本人だと判断してもらえる)

※申込み手続きの際に自宅に誰もいないことを先に説明しておくといいですね。

 

審査を待つ

10分〜15分ほどで審査結果がお知らせされますのでその場で待ちます。
店舗内で待ちます。

 

審査に通った場合 備えつけの電話に連絡があって、契約についての説明があります。
契約後にローンカードが機械から発行されます。
契約書のコピーももらえます。
審査に通らなかった場合 機械に「総合的に判断した結果、誠に残念ではございますが今回は見送らせていただくことになりました。」など表示されます。
(審査落ちの理由は教えてもらえません)

 

ローンカードで借りる

テレビ窓口の側や無人契約機の中にATMが備えつけられています。
発行されたカードでその場ですぐに借りられます。

 

テレビ窓内・無人契約機のメリットとデメリットについて

メリット ・夜間も審査が可能
・ローンカードがその場で発行される
・電話で相談が出来る
デメリット ・出向かなくてはいけない
・審査の待ち時間の間は待っておかなければならない

全行程約30分です。

ポイント案内女性

インターネットから申込んで審査結果が出てから出向けばもっと短縮できます。

 

中がどうなっているか分からなければ不安ですが、鍵もかかりプライバシーも保たれているので急ぎの方は利用を検討してくださいね。

 

 

 

家族に内緒で借りれる!専業主婦が借入できるカードローンはコチラ