年率の計算方法

キャッシングをするのに気になるのが利息です。
元金の他にどのくらい利息を支払うことになるのかが事前に分かればキャッシングもしやすくなります。

 

年率の計算方法をご紹介します
どのキャッシング会社もほぼ同じ計算方法になっています。
1年を365日として計算した場合になるので、閏年は366日になります。
残高は現在借入れている元金の借入残高になり、利用日数は借入れている日数になっています。
例をあげて計算してみましょう。

 

Keisan_Shiki

 

10万円を18%の年率借りて30日後に返済をする場合、利息は1,479円になります。
30日後に元金を全額返済する場合は、10万円に1,479円を上乗せした形で支払います。

 

返済を30日よりも前に支払うのならば、その分支払う利息は少なくなるという具合です。
キャッシング会社各社支払いは月1回となっています。

 

返済方式によって月何度でも支払って良いというケースもありますから、そういった場合はまた利息は若干違ってきます。
このように利息は簡単に計算ができますので、キャッシングの申込みの前に一度ご自分でシミュレーションをしてみるのも良いでしょう。

 

しかし、こういった計算をするのが面倒に感じてしまう人も中にはいらっしゃいます。
そういった方は、申込みたいキャッシング会社のホームページを開いてみましょう。

 

キャッシング会社のホームページには、必ずと言っていいほど返済シミュレーションが掲載されています。
自分が借りたい金額と年率を選択すれば、瞬時に利息が計算されるようになっています。

 

ご自宅のプリンターでそれを印刷すれば、返済計画書が出来上がるのです。
返済はキャッシングをするのにとても重要なものです。

 

いくら支払いがあって、その中にはどのくらい利息がかかっているのかを一度確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

家族に内緒で借りれる!専業主婦が借入できるカードローンはコチラ