最初から限度額いっぱい借りられますか

最高金額

カードローン会社のホームページや広告などで、「最高限度額○○○万円」と書かれているのをよく見かけます。
カードローン会社によって最高限度額の金額はまちまちで、一部800万円という会社もありますが、300万円〜500万円の間が一般的です。

 

一般的なカードローンは、借りたお金を本人が自由に使える使用使途自由となっているので、300万円借りて自動車を購入することもできますし、自宅のリフォーム代としても活用できるのです。
しかし気になるのが最高限度額まで借りられるのかという点です。

 

どうしても自動車を購入したいから300万円必要だったとします。
『この会社の限度額は300万円か。ではここに申し込んで300万円借りよう!』と初めての申し込みで300万円借りたいと希望を出してもかなり難しい話になります。
ほとんど無理だと考えても良いでしょう。

 

ではなぜホームページなどで掲載されているのか?
それはあくまでも最高貸せる額を記載しているだけで、誰にでもその額を貸せますよというものではないからです。
日本に存在するカードローン会社の多くは信用貸しでお金を貸しています。
利用者とカードローン会社、双方の信用の元お金を貸し借りしているのです。
初めてお金を借りる人は信用できるかどうかまだ判断がつかないので小額からの取引からとしましょうとなります。

 

何度も取引をしてこの人はどういう人なのかが分かって、初めて信用出来る人だと判断できるのです。
これはカードローン会社だけではなく、日常生活の人間関係でも同じことが言えるでしょう。
初対面の人にいきなり心を許す人は少ないというのと同じことですね。

 

新規顧客には最高限度額をいきなり融資するというハイリスクなことはしないのです。

 

ではどのくらい取引をすれば最高限度額の融資を受けられるのかというと、最低でも3ヶ月は欲しいところです。

 

限度額が高ければ高いほどもう少し時間はかかるようです。
きちんと支払いをし、私は信用出来る人間だというアピールが実って初めて最高限度額が得られるようになるのです。

 

参考ページ

専業主婦が借りられる限度額について

専業主婦がカードローンで借りられる限度額は30万円までと決められています。
30万円という金額は銀行法で30万円までしか貸してはいけませんと決まっているわけではなく、各銀行が独自に決めた金額です。
一部50万円まで借りられるところもありますが、おおむね30万円で各社足並みを揃えています。

 

収入のない専業主婦の返済は配偶者の収入だけが頼りになります。
大きな金額を貸すと毎月の返済の額も大きくなり、家計に負担を強いることになります。

 

30万円以上の大きな金額を借りたいのであれば収入のある配偶者が借りればいいのです。

 

カードローンの利用を家族に内緒にしておきたい専業主婦には30万円あればどんな理由であれ急なピンチはしのげるのではないでしょうか?
逆に30万円でも足りないなら家族に相談する必要が出てくると考えた方がいいかもしれません。

 

必ず30万円借りられるとは限りません

専業主婦の限度額は30万円ですが、この30万円も申込者全員が30万円借りられるわけではありません。
カードローン申し込み時点ですでに他社でいくらか借りている場合や、配偶者に借入れがある場合などの場合は限度額が10万円や20万円になることもあります。

 

あくまでも限度額は『最高で貸せる金額』を示したものですので全員に限度額が当てはまることはありません。
限度額は審査によって決まります。
この点は職業や収入に関係なく限度額の金額が違うだけで、どの申込者も共通です。

 

 

 

家族に内緒で借りれる!専業主婦が借入できるカードローンはコチラ