カードローンやキャッシングで借りられない人とは?

カードローンやキャッシングを使いたいと思っても、申込める人と申込めない人がいます。
いざ申込もうと思っても自分はカードローンやキャッシングの申込み資格があるのか不安に感じてしまう方に、どのような人が申込めないのかについて説明します。

 

まず、どのカードローンやキャッシングでも基本的に20歳以上の成人した男女に申込み資格があります。
ですから、未成年者は残念ながら申込み資格はありません。
たとえ申込日の翌日に誕生日が来て20歳になることが分かっていても、申込当日に未成年であればお断りになってしまうのです。

 

ですから未成年の方は20歳の誕生日を迎えてから申込みましょう。
さらに年齢制限もありますので、ご高齢の方も注意が必要です。
年齢の制限は各業者によって基準がまちまちですが、65歳〜70歳を超える人は申込み資格がありません。
こちらも誕生日を迎えた時点で制限を超えた年齢になってしまうと申込み資格は無いのです。
年齢制限に関しては、各業者ともにホームページなどに記載していますので、申込みたいカードローンやキャッシングの年齢を事前に調べてみると良いでしょう。

 

ATM

 

無職の人は基本的に借りられません。
こちらも申込み資格の中に「安定した収入がある人」と定めている業者がほとんどになります。
正社員でなくとも、パートやアルバイトなど何かしら仕事をして収入を得ている人が申込みできます。

 

なぜ無職の人に申込み資格がないのかというと、借りたお金の返済能力が無いと判断されてしまうからです。
お金を借りるからには必ず返済してもらわなければ、カードローン会社やキャッシング会社は損をしてしまいます。
確実に返済をしてくれる人=仕事をして収入を得ている人
と捉えられますので、この点もご注意ください。
(※専業主婦は配偶者に安定した収入があるとみなされるので収入がない人には当てはまりません)

 

 

家族に内緒で借りれる!専業主婦が借入できるカードローンはコチラ