ブラックでも借りられるって本当?

専業主婦のイラスト

「ブラックでもお申し込み・即日融資OK!」
この様な広告を見たことがある方は多いはずです。
ブラックというのは金融専門用語で「過去に何かしらの事故歴があり、お金を貸せない人・借りられない人」のことを意味します。

 

何度も返済を延滞した
返済しきれず自己破産などの法的処置をとった(債務整理をした)

 

この様に「お金でなにかしらのトラブルがあった人」ということです。
実際に本や帳面のようにリストがあるわけではなく、個人情報に「この人はこんなことがありました。」と事故歴(トラブル内容)が記載されます。
それを「ブラックリストにのる」「ブラックだ」と表現しているのです。

 

実際にブラックの人は登録された場合事故歴の内容により違いがありますが、登録されてから約5年〜10年程度はどこの金融機関からもお金は借りられません。
金融機関からの信用をなくしてしまった状態です。
たとえ破産などの債務整理手続きを終えたとしても信頼はすぐに取り戻せるものではありません。
厳密に言えば年数を経て審査に再度申し込んでみたら通ったという例はありますが、5年〜10年先の話です。
「ブラックになったら借りられないもの」ぐらいに思っておいてもいいぐらいです。

 

ブラックでも貸しますの真相

では広告の「ブラックでも貸します!」は?
これはハッキリ言ってまともな金融機関ではありません。

ブラックだけど借りたい → どこも貸してくれない → 多少条件の悪いところでも困っているので申し込んでしまう

こういった人間の心理を利用している悪徳業者です。

 

  • 契約書が存在しない
  • 利息が法外に高い
  • 悪徳業者が名前を変えて営業している

注意のイメージイラスト

銀行法や貸金業法を無視した営業を続けている正式金融機関と認められていない・勝手に営業している会社です。
いわゆる「ヤミ金」と呼ばれるものです。
いったん借りてしまったら少し借りただけなのに何倍もの返済を迫られたり、脅しまがいの連絡が頻繁にかかってきたりします。
そうなればもはやヤミ金対策に詳しい弁護士などが介入しなければ個人ではとても解決できません。

 

普通に借入れ・返済していれば無縁

あくまでも上記は「ブラックでもOKという金融機関で借りた場合」です。
「ブラックになったらどこからもお金を借りられない・貸してもらえない」ということを知識として知っておいて損はありません。
必要な金額だけ借りて毎月きちんと返済していればブラックになることはありませんし、借入れも返済もまったく問題ありません。
逆に上手に利用すればピンチを会費できる便利さがカードローンの人気の理由です。

 

 

 

家族に内緒で借りれる!専業主婦が借入できるカードローンはコチラ