カードローンの用語集:か行

カードショッピング

カードショッピングとは、ショッピング時に、所定の会社で手続きを実施し、作成したカードで支払いを行い、商品を購入する事です。
そのため、現金を持ち歩く事がなく、商品を手に入れる事ができるため、とても効率的と言えます。

 

貸出金利/貸付金利

金融機関が利用者にお金を融資するときの利息を貸出金利/貸付金利と言います。
金利は法律で決められた範囲内なら金融機関が自由に設定することができます。
担保があるとの無いのとでは金利が違ってきますので、よい条件の貸出金利/貸付金利を選ぶことが必用です。

 

割賦

キャッシングなどにより借り入れを行った際には、一括で返済する方法と分割して返済する方法があります。
そのうち分割して返済する方法を割賦と言います。
割賦で返済すると、月々少しずつの返済で済むので無理なく返済できます。

 

加盟店

クレジットカードで買い物をする際には、お店によって利用可能な所とそうでない所があります。
そしてカードでの支払いが利用可能なお店を加盟店と呼びます。
加盟店かどうか知るには、レジや入り口付近にクレジットカードの国際ブランドのマークがあるかどうかで判別できます。

 

元金/元本

元金/元本とは、「他を一切考慮しない、まっさらなお金」のことを言います。
この場合の「他」とは、例えば利息とか手数料のことです。
つまり、金銭を貸借したとか預金した場合に、目の前にあるあるいは、ATMに入金したそのものの金額のことをいうのです。
また、会社を起こす場合に用意するもとで(資本金)のことも意味します。

 

元利定額リボルビング方式

元利定額リボルビング方式は借入金額に応じて元金と利息の返済が毎月一定になる返済方法で、借入残高に変化がなければ完済まで返済額は変わりません。
当初は返済額中の利息分の支払いが多いのですが、返済回数毎に元金充当分が増えるのが特長です。

 

キャッシング

キャッシングは本来は融資そのものを示す言葉なのですが、日本においてはカードローンでのキャッシング機能を使った融資を主に指します。
カードローンにある借り入れ機能で手軽に融資を行うことを主に意味しています。

 

金銭消費貸借契約

金銭消費貸借契約とは返済を約束した金銭を借り入れる契約のことです。
お金の貸し借りを契約したものを金銭消費貸借契約といいます。
貸主と借主の名前; 貸付日; 貸付金額; 貸付けの実行方法など、様々事柄を記載することができます。
貸付け条件や返済の時期など重要な事項が記載することができます。
万が一ののための証拠としてなりうるものです。

 

クレジットカード

クレジットカードを使えば、カードを出すだけで買い物ができます。
決算をカード会社がしてくれ、個人がカード会社に後払いで払います。
キャッシング機能を追加して付けられるところが多く、キャッシングと深い関係にあります。