カードローンの用語集:さ行

サラリーマン金融

サラリーマン金融とは、通称サラ金と言われている消費者金融の事です。
個人への使途が自由な小口の貸し付けになります。
また、身分証明書の提示をする事で融資を受ける事ができる、手続きが簡単な信用貸付けになります。

 

残高照会

キャッシングでの残高照会とは、借入れ残高あるいは利用可能残高を確認する事をいいます。
借入れ金額から支払った金額のうち元金に充当するものを差し引いて、元金と利息を合わせた金額が借入れ残高になり、借入れが可能な額が利用可能残高となります。

 

残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング方式とは分割払いの方法の一種で月々の返済金額が一定です。
そのため追加借り入れで残高は変化し、借入残高によって返済額も変動します。
返済金額が減っていくと元金への返済も減っていき、返済金額を上乗せして返済期間を縮めることで繰り上げ返済の効果が得られます。

 

消費者金融

消費者金融は銀行などではなく、企業がお金を貸している金融機関の総称です。
一般的に金利が高いですが、審査の甘さと借り入れやすさなどのサービスは消費者金融が銀行などよりも優れています。
有事の際には便利です。

 

消費者ローン

消費者ローンとは企業などでは一般個人へ貸付けることです。
消費者金融業者は一般の個人に対して無担保で融資を行います。
使用目的を定めずに自由に何でも使えるお金です。
買い物や旅行、結婚資金、衣類の購入など自由に使うことができます。

 

集金代行

集金代行とは事業主が銀行などの貯金口座振替を利用し消費者から集金を行う方法です。
集金代行のメリットは集金や決済にかかる手間や人件費を節約できるとともに、毎月一定日に回収ができるために決済処理がスムーズに行えます。

 

商工ローン

商工ローンとは中小企業へ融資する業者の通称。

 

実質金利

銀行等に預ける預金等に対して付く金利は、実は利息を受け取る際に税金の対象になります。
そのため銀行の掲げる金利分をそのまま受け取ることが出来ません。
金利に対して国や地方が持っていく税率を除いたものが実質金利というものになります。

 

実質年率

お金を借りるときに、元金の他に利息が発生します。
利息は元金を基に計算されます。
返済する事によって、元金は減るので、利息もともに減ります。
そのような事を考慮して、返済期間を掛け合わせて出す利息の割合を実質年率といいます。

 

上限金利

上限金利とは、法律によって定められている利息の上限のことで、以前は利息制限法では年15〜20%で、出資法では年29.2%となっていましたが、貸金業法等の改正により、出資法の上限金利について年20%に引き下げられました。