カードローンの用語集:は行

物的担保

特定の物や権利といった財産による債権の担保のことであり、人的担保に対する言葉です。
これは、物上担保や対物担保とも呼ばれでおり、債権保全の手段の一つなのですが、抵当権・質権・譲渡担保などの種類があります。

 

ブラックリスト

金融会社はキャッシングで何度も滞納したり、自己破産した人物をブラックリストに入れて借りられないようにします。
リスクが大きい人に貸すのは会社としても回避したいことだからです。
それは金融会社で共有して回っており、名前が載れば普通のところではもう借りれなくなります。

 

フリーローン

消費者ローンの一種で、使用目的が限定されている目的ローンとは異なり、使用目的が限定されていないので、様々な目的に自由に使用することができます。
クレジットカードや消費者金融におけるローンの場合には、フリーローンの場合が多いです。

 

変動型金利

多くの金融機関は変動型金利を採用しています。
これは少ない借り入れの時は金利が高く、大きな借り入れになるほど変動していって金利が低くなる金利体制のことを指します。これにより消費者が大きな借り入れをしやすくなります。

 

弁済

お金が必要なときにお金がなければ、借りる事になります、人は借りた人よりも貸した人の方が、貸した事を良く覚えています、ですからお金を借りた人は、日時を守って弁済することです。
そして弁済する事が、借りた人の信用になります、その信用は貸した人の安心になり、またお金を借りたい時には、貸してもらえます、信用は財産と同じように大切です。

 

法定利率

法律の規定によりつけられている利率のことで、民法第404条と商法第514条に規定があります。
債権者と債務者の間で利息が生じる案件で、利率について別段の意思表示がなかった場合、民法上では年5分(5%)、商法上では年6分(6%)の利率が発生します。

 

保証人

保証人とは借りた人が逃げた時に、その金額を肩代わりする人のことです。
金融会社で借り入れをするときは必要なことが多いですが、キャッシングのときは、保証会社が保証人となりますので、わざわざ用意する必要はありません。

 

保証会社手数料

ローンを組むときには、保証人と言うものが必要になります。
ですが、そうした人が必ずいるとは限りませんから、そうしたときは保証会社にお願いします。そのときには支払うお金が保証会社手数料と言うことになります。

 

ボーナス一括払い

夏や冬のボーナスの月にまとめて返済を行うことです。
なお、クレジットカードによるボーナス一括払いの場合には、割賦販売法上の分割払いに該当しないため、金利はかからないというメリットがあります。

 

本人確認法

キャッシングにおける本人確認法は、運転免許証のコピーが一般的です。運転免許証をとっていないなどの理由で、運転免許証のコピーを用意できない人は住民票のコピーなどで代用します。また、外国人の場合は外国人証明書でも大丈夫です。