カードローンの用語集:ら行

利息

キャッシングやローンなどの融資を受ける際に生じる返済金の上乗せ分で、融資を提供する側の利益となる額を指します。
一般的には金利と呼ばれる数値表記の割合分だけ上乗せされますが、日割り単位で増加する為、融資期間が長いほど高額となります。

 

利息制限法

お金を貸すとき、借りるときには金利が発生するものです。
利息制限法とは、利息について上限を決めるという法律です。
こうして上限を決めることで債務者の権利を守ります。
キャッシングにおいては消費者金融系だと利息制限法ぎりぎりの利息を取っているところも多くあります。

 

利息天引き方式

例えば年利10%で100万円、1年後に一括返済という条件でキャッシングするとします。
この場合、利息天引き方式の場合、利息分を前もって差し引く(天引きする)ことになります。
具体的には、100万円から年利分の10万円を差し引いた90万円を、債務者に貸し付ける(手渡す)ことになるのです。

 

リボルビングシステム

リボルビングシステムとは、クレジットカードで買い物をし、支払の時に分割払いにすることを言います。
分割払いと言っても、毎月一定額を支払うというシステムになります。
すべての買い物をリボルビングシステムにすると、買い物をしても請求額は毎月同じで、利息と料金を一緒に支払うという形になります。

 

リボルビング払い

キャッシングなどの際、完済までにかかる返済回数を指定するなら、個々の返済機会やそもそもの借入総額により、月々の返済額が違うのは当然のことです。
一方、いわゆるリボルビング払いというのは、初めに決めた金額を(毎月)返済し続けていく方法です。
この場合、いくら借り入れようと月々の返済額は同じゆえ負担感が軽減されるともいえるし、その軽さゆえつい借り入れが嵩むおそれがあるともいえます。

 

リボルビング専用カード

クレジットカードの中にはリボルビング専用のカードがあります。
このリボルビング専用カードとは、名前の通り、リボルビング払いしかできないカードです。
リボルビングとは月々の支払いを一定額にすることをいいます。

 

連帯保証人

消費者金融や賃貸物件の契約のときに、連帯保証人を付随する条件をつけて申込むのが契約の流れの一つです。
連帯保証人を付随する理由として、本人が契約と応じた金額の支払いが困難な時に、代理で肩代わりとして契約した金額を支払います。

 

ローン

お金を借りる事をいい、その使いみちを限定されたものには様々な名称がつけられています。例えば車を購入する為にお金を借りる場合はカーローンと名付けられています。使途が限定されていないものはフリーローンと名付けられています。

 

ローンカード

貸金業者からお金を借りる際に使用するカードです。
クレジット会社や銀行が、一定の収入がある者に対し審査を行い発行します。
主に、買い物やレジャー、冠婚葬祭といったまとまった出費が必要な際に利用されることを想定されています。