審査ではどこを見ているの?

疑問女性

キャッシングの審査は申し込む前からとても気になるものです。
審査って自分のどこを見られているのか?事前にわかればいいのですが、金融会社全てで審査の内容を明かしていません。
審査内容や通貨基準は秘密とされていますので、申し込み前や審査落ちの理由を問い合わせても教えてもらえません。

 

それでも金融業界の長年の歴史から気をつつけたいポイントや申し込む多くの人が良かれと思ってやったことが実は致命的なミスだったということがいくつかわかっています。
こちらでは審査に不安がある人に、基本的な注意事項を紹介します。

 

審査で一番重要視されること

嘘をついていないかという部分です。
現代のキャッシング業者は、無担保無保証でお金を貸す「信用貸し」で融資をしています。
信用貸しとは、申込人の信用を担保にお金を貸すという意味です。
この人は本当に信用できる人か、お金を貸しても必ず返してくれるような人かを審査ではもっとも重要視しています。

 

友達同士でも嘘をつく人にお金であれ物であれ貸したくありませんよね?
それと同じです。

 

具体的にどこを見て信用出来る人かを確認するのか?

申込書に書かれた(入力された)内容で確認します。

 

キャッシングの申込書には、氏名・生年月日・住所・他社での借入など細かい質問項目が用意されています。
審査ではこの申込書に書かれている内容に嘘はないか、本当のことを書いているかを確認するのです。

 

審査の説明

 

氏名や生年月日は申込書と一緒に提出された身分証明書で確認します。
住所や勤務先は在籍確認と言って、実際に申込人がそこに在籍しているかを電話で確認します。
専業主婦の場合は勤務していないので自宅に連絡があります。

 

申込んだカードローン会社以外にもすでに借りていないかもチェックされます。

 

いろいろな側面から申込書に書かれた内容に嘘はないかを確認して、全て本当のことが書かれているなら信用に値する人物だということになります。
もちろん他にも細かい審査項目がありますが、まず最初の段階で信用できる人物であるかどうかを振り分けられることになります。

 

審査に落ちないようにするコツ

本当のことを記入するということになります。
一見当たり前のことに思われますが、審査に通りやすいようにしようと嘘を書いてしまう人がいるのです。

 

特に他社の借り入れ申告欄でつい嘘を書いてしまう人が多くいます。
申込書には他社の借入状況を書く欄があるのですが、本当は3件100万円あるのに、少なく申告したほうが審査に有利になるなのでは?という勝手な解釈で2件50万円と嘘の申告をする人がいます。
確かにすでに100万円の借入れがある人よりも50万円の人の方が返済はしやすくなりますし、融資した金融機関も同じ判断をします。

 

しかし、この嘘は信用情報機関への情報照会でバレてしまうのです。
すでに借入れがあるのかないのか、借りている場合はいくら借りているのかは信用情報に登録されているので、嘘は必ずバレることになります。

 

わかっているなら申し込みで入力させなくても…と思う方もいるかもしれません。
どんな人物かわからない相手だからこそと思えば納得できますね。

 

嘘をつく人にお金は貸せないというのは個人であっても企業であっても同じです。
申込み時には必ず本当のことを書く様にすることが、審査に落ちないようにする一番重要なポイントだと覚えておいてください。

 

参考ページ

 

 

家族に内緒で借りれる!専業主婦が借入できるカードローンはコチラ